話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

8 転生の用意


「アルネスト様お話があるのですが」

「ふむ、どうしたのじゃ?」

〜アルネスト様に説明中〜

「なら明日転生させるから準備してまっておれ」

「ありがとうございます!他の神様達の所に挨拶行ってきますね!」

「その方がいいじゃろな〜レンが居なくて悲しむ奴もいるだろうのう。
もちろんわれも悲しいしのう」

「俺も悲しいけどちょくちょくこちら神界に来たいと思っておりますので余り悲しまないでください!」

「何時でも我々は歓迎するわい、それより他の神の所へ挨拶しに行ってやるんじゃ」

「そーですね、じゃあそろそろ挨拶して来ます!」

〜神様達に挨拶中~

「そうですか明日には出発ですか、レンと5年しか一緒に居なかったのにやっぱり寂しくなるものね」

「生命神シーファ様!そんなこと言わないでください、ここにはちょくちょく来るとアルネスト様達とも約束しましたから!」

「そうですね、貴方は強くなりましたから負けることは無いでしょうけど油断は禁物ですよ?わかりましたね?」

「勿論わかってますよシーファ様!ならそろそろ明日に向けて早く寝たいと思います」

「そうすると良いでしょう、ではまた明日に挨拶しに来ますね。おやすみなさいレン様」

「おやすみなさいシーファ様!」

〜自分の部屋〜

よしそろそろ転生の用意も終わったしあと全創造で何か創ろうかな…よし!これにしよう、
〜〈全創造〉中〜

よし!これがあれば色々楽になるかもしれないな!

「ナビゲーション!声がきこえるか?」

『YES マスター 聞こえております』

!女性の機械音みたいだな。ちょっとビックリしたぞ

「おおっ!ビックリしたな、けどこれからサポートよろしくな!えーっとナビゲーションに名前ってあるのか?」

『私には名前がありませんのでお好きに呼んで貰って構いません』

「そうなのかなら何にしようかな?んーナビゲーションだからナビーとか?でも安直すぎるか?ならゲーシとかか?あまり可愛いくないな、よしやっぱりナビーでいいか!てことでよろしくなナビー!」

『よろしくお願いします!』


「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く