話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

6 神界での出来事5


「じゃあまず自己紹介をしてもらおうかのう。
というわけでまずわしから、わしは創造神アルネストじゃ」

「私の名は生命神シーファです。よろしくお願いします」

「よう坊主!俺のは武神ガイスっていうんだぜ!これからビシバシ鍛えてやるから覚悟しとけよガハハハハッ」

「よろしくねボク?私の名前は魔法神セリスっていうからよ〜く覚えとくのよ」

「自分が商業神トコロと申します」

「我が生産神ロースだぞ!鍛治や裁縫、家事に錬金術とかを教えるからよく覚えとけレン!」

「私が知性神リアよ。あなたには言語や歴史などを主に教えるわ。よろしくね」

「あっしが死神ローゼスや!覚えときい!
あっしはあんたに魔物などの殺し方を教えるわよ!ちゃんと着いてきなさい!」

「こんにちはレン。私は自然神サリサ!薬草学や地形などを教えますから覚えてくださいね?」

「我こそが魔神ゴースという。お主には魔物解体と急所や食べれる場所などを教えていくちゃんとついてこいよな?」

「拙者が龍神ギリシャである。お主には龍や竜にあった時の対処法しか教えてやれぬすまぬのう…だが龍語くらいならおしえてやれるぞ」

「最後に暗殺神デルスだ。ローゼスが殺し方をおしえてくれるそうなで私は隠密行動等を授けよう」

「皆の自己紹介も終わった事じゃし最後にレンが自己紹介をするのじゃ」

「はい!アルネスト様のミスで亡くなり転生する事にしましたレンと申します!これから修行を頑張っていくのでよろしくお願いします!

「「「「よろしく!」」」」




「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く