話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

3 神界での出来事2


「スキルも決まったしそろそろ
〈ステータス〉って念じるか発音してみよ」

「ステータス」

おおなんか透明な板みたいなのが見えるぞ

ステータス

・名前 レン

・年齢 10

・性別 男

・種族 人間

・Lv.0

・職業 旅人

・状態 健康

・HP2000

・MP2000

・物理攻撃力500

・物理耐久力500

・魔法攻撃力500

・魔法耐久力500

・俊敏1000

~スキル~
超再生 LvUP時ステータス特大補正 経験値取得率10倍 必要経験値10分の1 簡単創造

~加護~
~称号~




「それがステータスボードと言うやつで自分のステータスを数字として写しだしてくれるものよ。
ステータスボードが出されている時に〈閲覧許可〉と念じるか発音すれば他者にも見せる事ができるぞ。
そして特定の人物だけに見せたい時は〈〇〇に閲覧許可〉と念じるか発音すれば特定の人物だけにみせられというわけじゃ」

「ステータスボードに書かれてるのを見てもどれくらい強いのかが分からないな」

「そうじゃのAランク冒険者の上位のステータスがHP、MPが800~1500でその他が400あればAランク冒険者の上位にステータスだけならはいれるのう。」

「!てことはこのステータスってかなり強いんじゃないのか!?」

「たしかにステータスだけなら強いがAランクに入れる冒険者はそれまでの努力や経験があるからのうその差は大きいものよ」

「たしかに同じモンスターで戦って勝てる気なんてしないな」

「まあそういうことじゃよ。
だけどステータスが強いからあんまり負けることはないと思うぞ。
だけど油断だけはしてはならんのじゃぞ」

「はい!」

「これで転生の用意ができたわい。
そろそろ転生させるがよいか?」

「あの最後にお願いがあるんですが…」



「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く