話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

加護とスキルでチートな異世界生活

7mi

2 神界での出来事1


「転生にするのだな。なら色々してもらうことがあるぞ」

わかりましたではまず何をすればよいでしょうか?

「それよりほらよっとこれでお主に身体を渡せたわい。お主は転生したら10歳からのスタートだぞ」

「さっきまで身体が無かったから喋れなかったけどこれでやっと喋れるぞ!」

「身体を渡したからあと2つだけあるからちゃっちゃとやるぞ。
まず1つ目はお主の名前じゃ」

「名前ですか。そーですねなら〈レン〉でお願いします。」

「了解じゃ。
そしたら最後にスキルだぞ。
スキルは普通は努力して身に付けたりするのじゃがレンはわしのミスで死んでしもうたからなルーレットで30ある内の5つに決まる。
そのスキルがどれも珍しいスキルじゃからどれが当たっても殆ど安心だぞ」

「スキル?スキルってあのゲームとかの!?」

「ああ、言い忘れておったがお主が転生する所は剣や魔法が存在しそれこそレンが言っていたゲームみたいな世界だ」

「まじか!ちょっと楽しみになってきたぞ!」

「それよりルーレットの方にいくぞ」

「ルーレットで俺のスキルが決まるならくじ運がいい俺的にはラッキーだな」

「ではルーレットを回すぞ回したら勝手に決まるからのう。
ではよいしょっと」

ガラガラガラ…
ガラガラガラ…

「これが俺のスキルなのか」

「ほうこれは珍しいのを良くも当てたわい特に超再生なんて珍しいのう」

「超再生って名前からして凄そうなんだけど!」

「他のも中々良いぞ例えばLvUP時ステータス特大補正はLvUPした時に倍にしてくれたり。
あと簡単創造がお主のMPを2分の1消費して物を創り出すスキルだぞ。
まあ簡単な物しか造れないし生物やスキル、魔法もつくれないのうじゃが何もない所から創り出せるから割と便利じゃ」

「おお!超再生じゃないけど凄そうなのが多くてラッキーだな」

「あとは経験値取得率10倍と必要経験値10分の1は名前の通りだがこれまたいいのを引いたのう」

「また凄そうなのてか絶対に凄いやつ引いちゃったな。
あれかチート野郎になっちゃったか」




「加護とスキルでチートな異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • しょうろんぽう

    巻き込まれて異世界転移するやつは大抵チートのパクリのようなスキル

    0
  • べりあすた

    過ごそう×
    凄そう○

    0
コメントを書く