転生貴族はやはり最強 ※仮題

bbbbbb

嫌がらせ



   神界から無事に帰宅し家族に召喚に成功したことを伝えると皆とても喜んでくれた。
   
   サーガが二属性のホワイトタイガーだと伝えると驚くと共に納得もしていた




「さすがクロだな!」



   3年ほど前から始めた父様との剣術の指導は1年ほど前に終了してしまった。
   父曰く「教えることが無くなった」らしい



   今では、《身体強化》などせずに剣術だけで父様と互角以上に戦うことが出来るようになっている。

   

   父様はこれでも前々回に行われたアースガルド武闘大会のファイナリストでもある。

   その結果が評価され最も戦闘力が必要とされる魔の森近くの辺境伯に着任してる。



   元々はSランクの冒険者をしていたらしく母様とは貴族になってから出会ったらしい。


   そんな理由もありここら辺一帯の昔から続く中小貴族からはあまりよくは思われていない。



   そんなこともあり、、、




「クライン様!
   また商会のキャラバンが盗賊に襲われました」




「またか…
   もう今月に入って3回目だぞ」…



「今ゼイルート領に向かうと盗賊に襲われると商人間でも噂になっています!
   
   このままですと全商会がこのゼイルート領から手を引いてしまいますよ」





   ここゼイルート領は辺境なこともあり元々商会が少ない

   大きな領地からすれば商会の一つや二ついなくなった所でなんの問題もないが、
   ここでそんな事が起これば領民の生活に支障をきたしてしまう




「こんなにも連続でキャラバンが盗賊に襲われるなんておかしすぎます!
   十中八九ストルペ伯爵の手先のものですよ!」



「調査はしているんだが、ストルペ伯爵の後ろにダリア侯爵がいるせいで表立って調査が進められないんだよ…」


「ですが……」
   


   






   俺の出番かなぁ…








「転生貴族はやはり最強 ※仮題」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く