転生貴族はやはり最強 ※仮題

bbbbbb

召喚獣

ゴトゴトゴトゴトゴト…  

  教会からの帰り道

  そう言えば、俺の両親は召喚獣を持っているのだろうか…


「父様と母様は召喚獣を持っているのですか?」

「俺もレジーナも召喚獣はいるぞ」

「見てみたいです!!」

「ああ、いいぞ
   サモン  フレイ」


  すると地面に召喚陣が現れてその光と共に炎を纏った狼が召喚された


「次は私ね
   サモン  レイア」
  同じように魔法陣の中から空飛ぶ小人が現れた


「この生き物達が召喚獣ですか?」

「あぁ、そうだぞ
   火属性の召喚獣フレイだ」

「私のは光属性の召喚獣、妖精レイア
よ」

「今、魔法陣の中から出てきましたが普段はどこにいるのですか?」

「この《アースガルド》には人間界と精霊界という2つの世界があると言われている
   普段はその精霊界にいるとされているぞ」

「父様は火属性で、母様は光属性の魔法が使えるのですか?」

「そうだな」

「召喚獣が居なくても魔法を使うことは出来ないのですか?」

「魔力さえあれば無属性の魔法はみな使うことが出来るが、ほかの属性を使えたという人は俺は聞いたことがないな」

「そうですか」


  やはり俺のような人はいないのか…


「スレインもテスタも召喚に成功しているからな。
   時間があれば今度見せてもらうといい」

「今度見せてもらおうと思います!」


とりあえず、俺の召喚を成功させるところからだな…


「クロは剣術は興味あるのか?」

「剣術ですか?」

「テスタはあまり興味がなかったみたいなんだが、スレインは興味津々だったな」


  この世界を生きる上で戦闘能力は必要かな…
  

「剣術やってみたいです!」

「おぉ、そうか!
   明日の朝からやってみるか!?」

「お願いします!」





「転生貴族はやはり最強 ※仮題」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く