転生貴族はやはり最強 ※仮題

bbbbbb

3歳

  あれから何事も無く月日が経ち、俺は3歳になった。

コンコン


「はい」

「クロノスさま、朝でございます。」

「ゼルダおはよう」


  俺が産まれてからだいたいの身の回りのお世話はゼルダがやってくれている。

  金髪で一つ一つの動作がとても綺麗なメイドである


「朝食の準備が出来ております食堂までおこし下さい」

「わかった」


  やっぱりこの家、馬鹿みたいにデカイな食堂まで60mは余裕であるぞ。

  食堂まで行くともうみんなが揃っていた


「おはようクロ」
  まずはこの人、この地の領主で俺の父親クライン・フォン・ゼイルート
  さすが魔境の地に近い土地を納める領主、体がデカくいかにも戦士という外見
  戦いに関してはよく分からない俺でも強さが伝わってくる


「クロおはよう」
  この人は、俺の母親レジーナ・フォン・ゼイルート
  ブロンドの髪と青色の瞳が特徴的で神殿に飾ってありそうな美しさを兼ね揃えている


「おはようクロノス!」
  この人は、スレイン・フォン・ゼイルート
  ゼイルート家の長男でもう既に学校は卒業しており領地の騎士団に加入している父ほどではないがいい体格で少し脳筋さが伝わってくるが、次期領主として、人望の厚さを持っていると感じる


「おはよう」
  この人はテスタ・フォン・ゼイルート
  スレイン兄さんとは真逆な人でいつも本を読んでる
  とても大人しくいつも周りを伺っているイメージだ


「みんなおはよう!」

「みんな揃ったことだし食べようか」

「「「「「いただきます」」」」」



  そう言えば、あのお願いしとかないと…


「父様、書庫の本を読んでもいいですか?」

「本?
  あぁ、いいぞ!傷付けないように
  気をつけて読むんだぞ!」


  この世界の本は高級品らしい
  破らないように気をつけないとな

  3歳まで生きてきたけど、この家族は俺の事を心から愛してくれている。

  前世では誰も信じることは出来なかったけど、この家族だけはとりあえず頑張って信じてみようかな…










  そういえば、俺書庫の場所知らないぞ

ゼルダどこだろう?
あ、いた


「ゼルダ!
  書庫ってどこにあるの?」

「お連れ致しましょうか?」

「おねがい!」




「転生貴族はやはり最強 ※仮題」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く