転生貴族はやはり最強 ※仮題

bbbbbb

プロローグ

  の名前は、相川あいかわ れい

  県立高校の2年生で、両親はいない。
  俺がまだ7歳の頃、交通事故で死んだ。

  それからというもの色々な親戚の家をたらい回しにされてやっと今の叔父さんの家に行き着いた。


「暑いなぁ…」


  ホームルームが終われば明日からは夏休みが始まる。


『また来たか…』


「なぁ、零!このあと暇か?」

「ごめん…今日バイトなんだ」

「そっか、わかった!またな!!」


  やっぱり相変わらず人に興味が持てないな。
  親戚にたらい回しにされてからどうしても人を信じきれない。


「では皆さん有意義な夏休みにしてくださいね!」

「「「さようなら」」」



「はぁ…」


  
  さっさと帰ってラノベでも読むか。


「そう言えば新刊出たんだっけか。買いに行かないと。」


  近所の本屋最近つぶれたんだった。ちょっと遠いけど大通り沿いのTS〇TAY〇行くか。
 
 早く信号変わらないかなあ










  あのトラックこっちに向かってきてないか?

  ギィィィィィィィィィィィィ


「転生貴族はやはり最強 ※仮題」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • けせらとてん

    「その後暇か?」ではなく「この後暇か?」ではないですか?

    0
コメントを書く