異世界同人誌 「姉妹で天才絵師になりました」

恵茶菓姫汝

ページ0

私は昔ながらから絵を描くのが大好きだった。朝から晩まで、食事や勉強をするのをさえ忘れて描き続けていた。そして、いつからか学校にも行かず、絵を描いている時の事だった。
父と母が部屋に入ってきて、父が口を開きこう言った。

「お前みたいなおかしな子は家にはいらない。今すぐ出ていけ!」

小学五年生の私にはその言葉の意味が分からなかった。
おかしな子? 私が? ただ毎日絵を描いているだけなのに。そこから私は何も考えられなくなった。
そして気づけば何処かも分からない孤児院に送られ、その日何があったかは私は覚えていない。

「異世界同人誌 「姉妹で天才絵師になりました」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く