話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クリエイトモンスターズ 〜異世界でモンスター育てて生き延びます!〜

やま

2.初めてのガチャ

 は、初めての戦闘ってな、何をすれば良いんだ? わからずに戸惑っていると今までと同じ様にスマートフォンから指示が出て来る。


 ええっと『使用するチームを選びましょう。なお、この選択画面はこの初めだけです。これ以降はご自身でチームを選んで下さい。セットされているチームが、テル様の意志で召喚する事が出来ます』だって。


 て事は、僕が出てきて欲しいと願ったらずっと出て来るって事かな。よし、それじゃあ、ウィンドウルフ、出て来てくれ!


 僕がそう願うと、僕の目の前が輝き始める。そして光の中から現れたのが


「ワウ!」


 緑色の毛並みをした子狼、ウィンドウルフが召喚された。待ての姿勢で座りながら僕をじっと見て来る。か、可愛い! 風で揺れる毛並みはとてもふわふわで、触るとかなり柔らかそうだ。画像だけではわからないリアルな雰囲気。そして何より可愛い。つぶらな瞳で僕を見て来る。


 触りたいけど、それよりも進めていこう。画面を見ると『敵が現れます。準備して下さい』と出ている。そして今度は少し離れたところが先程と同じ様に光り出す。光の中から現れたのはゴブリンだ。これは土属性のゴブリンだな。


 手には棍棒を持ち、口からはよだれを垂らして僕たちを見て来るゴブリン。画像で見る分には普通だったんだけど、実際に見ると怖い。


 ゴブリンを見て震えていると、僕を庇う様にゴブリンとの間に入る影がある。


「グルゥ!」


 それは僕が呼び出したウィンドウルフだった。ウィンドウルフは歯をむき出してゴブリンを威嚇している。ゴブリンはウィンドウルフの剣幕にたじろぐけど、棍棒を振り上げて走って来た。


 僕はヒィィ! 情けな無い声を出してしまったけど、ウィンドウルフは恐れる事なく向かって来るゴブリンへと走って行く。


 ゴブリンはウィンドウルフに向かって棍棒を振り下ろすけど、ウィンドウルフは軽やか避けて、ゴブリンのお腹へ頭突きをする。


 頭突きをモロにくらったゴブリンはそのまま倒れ込み、ウィンドウルフはその上に馬乗りになった。そしてウィンドウルフの爪が緑色に光り出す。もしかしてあれがスキルか?


 ウィンドウルフは右前足を振り上げてゴブリンの喉元へと爪を突き立てた。ゴブリンから噴き出る血。うっ! それを見た僕は口元を押さえる……あれって死んだんだよね? うぅっ、気持ち悪い。


 ウィンドウルフがゴブリンの上から退くとゴブリンの死体は光り出して消えてしまった。残ったのはゴブリンの耳と小さい石ころみたいなやつだけだ。


 それと同時にスマートフォンが震える。僕はスマートフォンの画面を見て見ると『敵を倒したのでドロップアイテムにスマートフォンを近づけてみましょう。なお、チュートリアルのみ、この様に敵を出現させましたが、本来はいつ出て来るかわかりません。ご注意下さい』と書かれていた。


 いつ敵が出て来るかわからないのか。というかこの世界にはあんなモンスターがいるんだね。もしかしてこの森も……。


 とりあえず指示に従ってみるか。地面に落ちている物にスマートフォンを近づけてみると、ゴブリンの耳と小石がスマートフォンへと吸い込まれた。うおっ! な、何が起きたんだ? ドキドキしながら見ていたら画面が変わりドロップアイテム画面に変わった。


 ええっと『ゴブリンの耳×1、極小魔石×1を手に入れました』だって? もしかしてアイテムボックス代わりになるのかな!? それなら物凄く便利なんだけど!


「クゥーン」


 僕がスマートフォンばかり見ていたら、ウィンドウルフが足下に甘えるようにすり寄って来た。物凄くうるうるした目で見て来る。あ、頭撫でても良いのかな? 僕は恐る恐る手を伸ばしてウィンドウルフの頭に触れる。や、柔らかい! ふわふわしてて物凄く柔らかい!


 頭を撫でると、ウィンドウルフも嬉しそうに鳴いて、逆に僕の手のひらに頭を押し付けて来るほどだ。あ〜、癒される〜。


 しばらくウィンドウルフで和んでいると、いつもの倍ぐらいの振動でスマートフォンが震えた。俺もウィンドウルフもその音にビクッとした。な、何だよ。


 ぶるぶる震えるスマートフォンを見てみると新しい画面に変わっていた。ええっと『これでチュートリアルは終了します。最後に初回ガチャをお引き下さい』だって?


 その通り進めてみると、ガチャの選択画面に変わった……あれ? ポイントガチャが無い。『クリエイトモンスターズ』にはゲームを進めてもらえるオーブを使ったガチャと、ログインやフレンド利用によって増えるポイントで回せるポイントガチャがあるのだが、ポイントガチャの項目が無くなっていた。


 これは普通のガチャしか回せないって事なのか。ポイントガチャはレア度1からレア度3まで。ガチャはレア度3からレア度5まで出る。当然レア度が高い程モンスターは強くなるんだけど、レア度の高いモンスターは中々当たりにくい。僕も毎月のお小遣いを使って課金しないと当たらなかったぐらいだから。


 よ、良し、引いてみるか。僕は震える指に力を入れてガチャボタンを押す。ボタンを押すと、もう戻れないガチャ画面へと移変わり、見慣れたガチャガチャ機みたいな物がある。レバーへと指を当てて、時計回りに指を動かす。それに合わせてレバーも回る。


 そして、ガチャン! ゴロゴロゴロ! と、カプセルの転がる音がする。いつもカプセルが開くまで何が出るかわからない。カプセルが開いた時の光り方によってどのレベルが出るかようやくわかるのだ。


 レア度は1から6まであって、3が銅色、4が銀色、5が金色だ。ガチャで出るのが金色までで、6は5を進化させた先にある。色は虹色だ。


 そしてカプセルが開いて輝いた色は……銀色だ! 良し、金色じゃなかったのは残念だけど、レア度4でも強いやつは強い! 次に現れたモンスターの表示画面に変わると書かれていた名前も現れたモンスターは


『影忍者 葵』


 という、闇モンスターだった。いや、モンスターというよりは可愛い女の子なのだけど、この子も目の前に現れるの?

「クリエイトモンスターズ 〜異世界でモンスター育てて生き延びます!〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く