復讐の魔王

やま

28.作戦開始

「う、うぅん……こ、ここは……?」


 僕たちがどうするか話し合っていると、ベッドの方から声がする。みんなが見ると、どうやら受付嬢が起きた様だ。まだ頭が回らないのか、ぼーっとしているが、僕たちを見るとビクッと驚く。


「ああああ、あなたたちは、だ、誰ですか?」


 そういえば、今の僕は幻影を解除しているんだった。これじゃあ、僕が誰かわからないね。直ぐに僕の顔を冒険者登録した時と同じ顔にすると、受付嬢は「ああっ!」と驚きの声を上げる。うん、いい反応だ。


「目が覚めましたか? ええっと……そういえば名前を聞いてなかったですね」


「あ、は、はい、私の名前はテリーネと申します。そ、それでどうして私はここに?」


「それは、あのままギルドに置いて来たら、あのまま勇者に襲われていただろうと、僕と一緒に登録した彼女、マリーシャが連れて来たのです。余計な事をしてすみません」


「い、いいえ! あのままいたら、確かに狙われていたでしょう。で、でも、もうギルドには戻れませんね」


 そう言って悲しそうに顔を伏せるテリーネさん。茶髪の髪がさらりと落ちる。テリーネさんのために、勇者をどうにかしないとね。


「そうだ、テリーネさんにも協力してもらおうか!」


 僕の言葉に全員が僕を見る。それから、簡単にだけど、僕が考えた作戦をみんなに話すのだった。


 ◇◇◇


 2日後


「はぁ〜、本当にあいつムカつくっすね。兵士を使っているのに見つからないなんて」


 ギルドの中、苛立ちを隠そうともしない勇者は、手に持つグラスを机の上に力強く叩きつける。周りはその後にビクッとするが、誰も注意する事はない。


 ギルドマスターである私が行ってもいいのだが、私が言った事を全く直していない。


 はぁ〜、ギルドの備品をぞんざいに扱わないでほしい。当然、そんな事を言えるわけもなく黙っているのだが。


 理由は勇者が、このギルドで一番強いからだ。以前、この勇者が街に来た時に、今と同じ態度を取っていたところを、当時のギルド最強のチームが勇者に注意したのだ。


 普通の冒険者なら、男3人、女1人のチームだったが、大の大人な囲まれれば、萎縮して、言う事を聞くはずだった。


 だが、その勇者は違うかった。勇者は逆に立ち上がり、注意をして来た男の1人を殴り飛ばしたのだ。当然、その事に激怒する仲間たち。


 しかし、誰も勇者を抑える事が出来ずに、男3人はもう二度と冒険者をやる事が出来ないほどの大怪我をして、残った女冒険者は、その男に捕まり、慰み者にされたという噂が流れている。


 理由は、元々連れていた奴隷の隣に、その女冒険者がいたからだ。首に武骨な首輪を付けられて。


 それからは、勇者に絡む人は少なくなった。完全にいなくならないのは、勇者の見た目が同年代に比べて幼い感じがするからだ。


 そのせいで、見た目だけでしか見ていない奴は、勇者の力に気がつく事なく、どこか大怪我して気を失っている。注意喚起はしているのだが、その数の後が立たない。


 そんな風に怒り狂う勇者たちを見ていたら、カランコロンと扉の開く音がする。この鐘の音は、入口の方から聞こえたようだ。私もチラッと見るけど、そこに立っていたのは、少し美人な女性だった。  


 みんなが驚きの顔で見る。それも当然だろう、今酒場で荒れている勇者に狙われていた受付嬢が、戻って来たのだから。


 みんなが見ている中で、受付嬢だったテリーネは、酒場で1人だけ座って酒盛りをしていた勇者の元へとあるく。な、なんだろうか?


「勇者様、今お時間よろしいでしょうか」


「ん? 誰っすかあんた?」


 勇者はどうやら受付嬢、テリーネの事は忘れているようだ。まあ、勇者からしてどうでもいい事は忘れているんだろう。


「わ、私は勇者様に見染められた者です」


 テリーネの言葉に驚く職員たち。冒険者たちからも人気があった彼女は、ここからでは聞こえないが、言葉を交わして外に出て行ってしまった。どこに行くのだろうか。


 ◇◇◇


「くくく、まさか君から俺の元に来るなんて」


「あ、あの時後悔したのです。あの時勇者に抱かれていればって。だから私を抱いてほしいのです!」


 2人は並んで歩いている。誰がどう見てもカップルなのだが、勇者が1人で笑っているだけ。テリーネさんは、勇者の言葉に相槌をするだけだ。


 そこから、テリーネさんの案内で細い路地に入る。テリーネさんにはケンタ・ニドウをおびき出す役をしてもらっているのだ。


 後ろの奴隷たちは、持ち主本人が解除しない限り動いたりはしないからね。そろそろ出番かな。


 陽気に鼻歌を歌いながら裏道を歩き続けるケンタ・ニドウ。ここら辺かな。僕はゲートを発動し、座標をケンタ・ニドウの後ろに移動する。


 そして、僕はケンタ・ニドウの肩を掴み、再び魔法を発動。ケンタは突然景色が変わった事に驚いている。さてさて、ここからは、一方的な蹂躙だ。覚悟してもらうよ、ケンタ・ニドウ。

「復讐の魔王」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く