異世界で彼女を探して何千里?

やま

46.卒業

 どうしたものか。どうやって地竜の強固な鱗を突破するか。俺の剣だと切り裂く事は可能だが、鱗の厚さに傷をつける事が出来ない。


 フランたちの攻撃も厚い鱗のせいで通らないし。どう突破しようか。


 その事を考えていたら、こちらの様子を伺っていた地竜が動き出す。地竜は地面に顔を近づけると突然土を食べ始めた。腹でも減ったのか? と思ったが、ある程度口に含むとこちらを見てくる。そして、俺たちに向かって口に含んだ泥を吐いてきた。そういうことかよ!


 俺たちは地竜の周りを走るように散らばる。先に狙いをつけたのは俺のようだ。フランたちに比べて的がでかいからな。


 次々と吐いてくる地竜。俺は泥を避けながら地竜へと近づく。ある一定の距離になると、地竜は泥を吐くのをやめて、右前足を振り上げてきた。鋭い爪が迫る。


 俺は横に跳んで地竜の足を避け、剣を振り上げる。どうやら足は背の鱗ほど硬くはないらしい。ザシュッと傷を作る事が出来た。


 地竜にも痛みを感じたのか、ビクッと震えるがそれも一瞬、すぐに振り下ろした右前足を横へと振ってくる。風精ノ蓮脚から風を出し飛ぶ。風で下から押し上げられる感覚を感じながら、地竜の足を跳んだよける。


 そんな俺に向かって地竜は背の棘を飛ばそうとしてくるが、俺に集中している間に近づいたフラムが、地竜の顔に近づいて光を放つ。


 突然視界が見えなくなった地竜は戸惑い暴れている。その隙をつくようにフリューレが魔術を放つ。一気にひんやりと辺りの気温が下がる。そして、次の瞬間、地竜がいる足場から先ほど以上に鋭い氷柱が、地竜目掛けて生えていく。


 地竜は先ほどと同じように壊そうとするが、先ほど以上に魔力が込められた氷柱だ。破られる事なく地竜の足を貫いた。


 悲鳴をあげる地竜は、辺り構わず棘を飛ばす。俺は剣で弾きながら暴れる地竜へと近づく。棘が俺の体を掠るが、目が見えなくて適当に放っているものなんか致命傷にもならない。


 地竜の目が治りかけの頃には既に俺は初めのように地竜の背に乗っていた。そして、地竜の背に向けて剣を突き立てる。剣の半ばまで突き刺さったのだが、これでも、地竜に傷がつかない。まあ、これは想定内だ。


「フラン! やれっ!!!」


 俺は叫ぶと同時に地竜の背から飛び退く。俺が飛び退いたのを見たフランは体に雷を迸らせながら吠える。吠えると同時に放たれた雷は真っ直ぐと地竜へと向かい、背に刺した俺の剣へと降り注ぐ。


 フランの雷は俺が深く差し込んだ剣を伝って地竜の中へと入る。そして次の瞬間、地竜が今までの比ではない雄叫びを上げた。


 それと同時に地竜の体から煙が上がり肉の焼ける匂いがする。流石に鱗の厚い地竜でも鱗の内側から雷で焼かれるのは耐えられないだろう……剣の刀身が鱗の厚さより長くて良かったぜ。


 フランは前に傷つけられた恨みを晴らすかのように雷を放ち続ける。地竜はその場でビクンッ、ビクンッと動く事しかなかった。その動くのだって雷が走るからだし。


「うむうむ、思ったより余裕があって何よりじゃ」


 地竜が倒れたのを確認していると、後ろにギルアンさんとクリアさんが立っていた。ふわふわと飛んできたフラムは頭に乗り、最後に力を放ったフランはその場にへたり込んで、何故かフリューレはそのフランの上に乗っていた。おまえ……。


「ギルアンさん。それじゃあ」


「うむ、ゼストよ。この1年半、よく頑張った。後はそなたの望む通り世界を回って世界を知るといい」


 よしっ! これでようやく探しに行ける! だけど、その前に一度家に帰らないとな。久しぶりにみんなに会いたいし。


 俺はそんな事を考えながら俺の下に集まるフランたちを愛でるのだった。その願いが叶うのが先になるとは知らずに。

「異世界で彼女を探して何千里?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く