異世界で彼女を探して何千里?

やま

23.VSオーガ

「っ、らぁあっ!」


「ガァア!」


黒いオーガの持つ触れると爆発する剣を避け、緑魔術の風を纏わせた剣で、切りかかろうとするが、見た目の巨体からは想像がつかないほどの速さで、剣を振ってくるオーガ。


しかも、こいつはただ闇雲に剣を振っているわけではなく、しっかりとした動きの元、俺に攻撃を繰り出してくる。


「ガルァ!」


袈裟切りに振り下ろしてくるオーガの剣を避けるが、オーガの腕力により、そのまま横薙ぎへと剣を振り替えてくる。


俺は頭を下げて、頭上を通り過ぎる刃の気配を感じる。俺が次に動こうとする前に、頭上に落ちる影。俺は顔を上げる暇もなく、その場から飛び退く。


俺が避けるのと入れ替わる様に鳴り響く音。オーガが俺のいた場所に拳を振り下ろし、地面を殴りつけた音だ。


オーガが地面を殴っただけで、陥没する地面。とんでも無い威力だが、ビビってばかりもいられない。こちらが攻撃をしなければ、勝てないのだから。


避けた勢いを足で殺し、そのままオーガに向かって走り出す。オーガは剣を両手に持ち替えて振ってくる。俺はオーガの剣に触れない様にしながら避ける。


剣で逸らすことが出来ればまだチャンスは作りやすいのだろうが、オーガの剣の能力がそれを邪魔する。まあ、それ以前にオーガの筋力で振るわれる剣を逸らす事が出来るのかわからないが。


「風刃!」


オーガへの牽制も兼ねて、風の斬撃を放つ。オーガの厚い皮膚には効果は薄いが、痛みが無いわけではない。人間も薄く切り傷が出来たら気になる程度には痛む。
 

オーガも、ほんの僅かだが体が強張ったのがわかる。直ぐに右手に持つ剣を振り下ろして来たが、俺はそれを左側に避けて、懐へ入る。狙うはオーガのガラ空きの右脇腹だ。


「はぁあっ!」


そして、風を纏わせた剣を左下から切り上げる。これでオーガに傷を加える事が出来る。そう思ったのだが、このオーガは想像以上に普通ではなかった。


何故なら、オーガは右手に持っていた剣を手から離して、下から振り上げる俺の剣を、そのまま右手で掴んだのだ。


当然、風を纏わせている剣を握ったオーガの右手には、深く剣が食い込むが、オーガの握力て勢いを殺されてしまった。


引いても突いても動かない掴まれた俺の剣。オーガの手から溢れる様に流れる血。だけどオーガはそれを気にする事無く握り続ける。それどころか、オーガは俺を見てニヤリと笑った。


次の瞬間、俺は吹き飛んでいた。オーガの左腕に殴り飛ばされたのだ。咄嗟に動いてくれた俺の体は、剣を離して、防御をとったが、当然、オーガの一撃を、耐え切れるわけもなく、俺はいくつもの木にぶつかり、吹き飛ばされてしまった。


何十という木々を、100メートルほども吹き飛ばされて、ようやく止まった俺の体。地面には俺の体から流れる血で赤く染められていた。


「……いてぇ……」


色々なものに激突してあちこちが痛む感覚。なんか、前世の死に際に似ているな。あの時も、バスが揺れて、椅子や床に体をぶつけ回ったっけな。


でも、あの時と違うのは、まだ死にかけていない事だ。


右手は……折れたか。動かない。


左手は……辛うじて動く。


右足は……動くな。これで立てる。


左足は……動くけど踏ん張る事は出来ないか。


まあ、十分だ。俺は折れた木に左手をついて、何とか立ち上がる。オーガはゆっくりと俺に向かってくるのがわかる。あの野郎、もう勝った気でいやがるな。


俺は腰に下げたポーチから、兄上から頂いたポーションを取り出す。あの衝撃で割れない程頑丈な瓶。何か特別な物で作っているのだろう。


不思議には思うが、今回は助かった。ポーションの瓶がさっきの一撃で全部割れていたら、流石に不味かった。


方法が無いわけでは無いが、魔力はなるべく温存しておきたい。俺はポーションの蓋を開けて、半分ぐらいまで飲んで、残り半分程は折れた箇所などにかける。


それだけで、痛みが引いて傷が治っていく。凄い効果だなこれ。想像以上だ。


「だけどこれで動けるな」


俺は勝ったつもりでいるオーガを見る。奴は突然立ち上がった俺を見て、不思議そうな顔をするが、もう押されないと思っているのだろう。悠々と歩いてくる。


そんなオーガを見ながら、俺は両手両足に魔力を流す。この山に来て一度も使わなかったが、今使わなければ死ぬだろう。魔力の温存など言っていられない。


「創造魔術、発動!」


俺の両手と両足に魔力が迸る。魔力が徐々に形を創っていき、腕には肘まで覆う黄土色の籠手が、足には弁慶あたりまでの覆う、翡翠色の靴がそれぞれ創られた。


「土精ノ籠手、風精ノ蓮脚」


突然見た目が変わった俺に警戒するオーガ。2つの武器同時に創造は、初めてするが、持って5分も無いだろう。何とかその時間内に倒さなければ。

「異世界で彼女を探して何千里?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く