異世界で彼女を探して何千里?

やま

13.説得

「……はっはっはっ、中々急に冗談なんか言ってどうしたんだ、ゼスト君。君にしては珍しい」


「そ、そうだぞ、ゼスト。お前がそんな事を言うなんて。でも、さすがに冗談にしてはきつすぎるぞ、それは」


 父上とレグラーノ伯爵は冗談だと思って笑ってそう言ってくるが、俺が表情を変えずにいるのを見て、黙ってしまった。冗談じゃないのが伝わったのだろう。


「……ど、どうして、ゼスト? わ、私何か至らなかったかしら? どこか駄目なところがあったのなら直すから! だから……」


 ティリアは立ち上がり俺の側まで来て、そう言ってくる。目からは涙が溢れている。ティリアの泣き顔なんて見るのは小さい時以来だ。


 物心がついた頃からは、もう泣く事が無かったティリアが、俺と別れるのが嫌で泣いてくれるなんて。嬉しく思う反面、申し訳ない気持ちで一杯だ。


「ティリアは何も悪くないんだ。全部俺が悪いんだよ」


「……どう言う事なの?」


「そうよ、ゼストちゃん。なにも理由も話さずいきなり別れるなんて。何か訳があるなら話してちょうだい」


 いつもはのほほんとしている母上も、今ばかりは真剣な表情を浮かべる。その視線には若干の殺気も混じっているら、大した事の無い理由なら許さないという感じだ。


「父上、母上、俺は国を出ようと思っています」


「……それはどういう事だ? 帝国にでも行く気か?」


「帝国には行きますが、それだけでは無く他の大陸も周りたいと思っています」


 俺の言葉に、バッと立ち上がる父上。


「何を馬鹿な事を言っている! 今各大陸がどのような状況かわかって言っているのか!」


「わかっています。わかった上で俺は行く気になっているのですから」


 今は停戦状態だが、いつ今の均衡が崩れるかはわからない。当然その事は、学園でも習って嫌という程知っている。


「ゼストちゃん、どうしてそこまで行きたいの?」


「それは、ある人を探すためです」


「ある人だと? 一体誰を探すというのだ?」


「わかりません」


「「「「「はっ?」」」」」


 俺の発言に全員の声が揃う。そして、顔を真っ赤にして怒りを露わにする父上。ここまで怒ったのを見るのも初めてだ。


「ゼスト! お前はふざけているのか! わからないのに探しに行くとはどういう事だ!」


「すみません。本当に手がかりが無いのです。男か女かもわからない。もしかしたらこの隣の家にいるかもしれない。逆にみんなが求める小大陸にいるかもしれない。下手したら人間じゃ無いかもしれない。本当にわからないのです」


 そんな俺の言葉に呆れ返る父上。父上の言いたい事はわかる。だけど、それでも俺は探しに行きたいんだ。


「ゼスト君、何故そこまでして探しに行きたいのだ? 先ほど君が言った通りなら、存在しているかもわからないのだろう? それでも君は探しに行きたいと言う。何か理由はあるのかね?」


「……そいつは、俺の人生を変えてくれた奴なんです。そいつがいなかったら今の俺はいません。だから、もう一度会いたいんです! 会ってもう一度話がしたいんです」


 あんな、もう二度と動く事の無い姿なんかじゃ無くて、もう一度あいつの、みなみの笑顔が見たい。そのために俺はみなみに会いに行きたい。


「これは決意は固そうだな、ゼスト君。どうするゼクティス?」


「アルタイル! 何を言っているのだ! そんなもの駄目に決まっているだろう! 今すぐ考え直せ、ゼスト! そしてティリア嬢に謝るんだ」


「ティリアには本当に悪いと思っている。だけど、俺はどうしても行きたいんだ。父上が駄目だと言うのなら……勘当してくれてもいい」


 俺の発言で、怒りが最高潮に達した父上は、席を立ち上がり、俺を殴ろうとした瞬間


 パチンッ!


 と、大きな音がした。それと同時に俺の頰がジーンと熱くなってくる。俺は一瞬何が起きたのかわからなかったが、落ち着いて見ると、涙目の母上が、俺の頰を叩いたのだ。


 ……生まれて初めて母上に叩かれた。その上、母上の涙を流す姿を見て、胸がズキンと痛む。


「勘当なんて悲しい事を言わないで、ゼスト。あなたも一旦落ち着いて。そんな頭ごなしに怒っても、ゼストの決意は変わらないわ」


「……そうだが、ゼストは他大陸の事を甘く見すぎている。大陸を渡るにしても何らかのツテが無ければ、渡る事はおろか、大陸の端までも行けんぞ。
 それに、他大陸の魔獣は、この大陸に比べるとかなり強力だと聞く。そいつら相手に満足に戦えんようでは、ただの犬死だ。その辺をわかっているのか?」


「もちろんです。戦い方次第では、父上にも引けは取らないでしょう」


 今の俺の実力は、普通に父上とやり合えば、厳しいだろう。だけど、そこにこの前完成した 固有魔術、創造魔術をいれた戦い方をすれば、父上にも負けないと俺は思っている。


 そんな俺の言葉に、ようやく笑みを浮かべた父上は


「ほう。ならば見せてもらおうか。お前が他大陸でも通用するのかどうか」


 と、部屋を出て行ってしまった。多分、準備をしに行ったのだろう。俺も無言のまま部屋を出る。やるのは庭だろう。父上に実力を見せて認めて貰わなければ。

「異世界で彼女を探して何千里?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く