異世界で彼女を探して何千里?

やま

9.森の中での戦闘

「おうおう、やっぱりお前らはそこそこ出来るようだな。まあ、全員殺すから関係ねえけど!」


 突然現れた赤髪の男は、ティリアたちに向かってナイフを投げる。俺とディッシュは直ぐに女子たちと男の間に割り込んでいたので、ナイフを弾く事が出来た。だが


「遅えよ、オラァッ!」


 既に俺の目の前に男がいて、俺に膝蹴りを放ってくる。俺は咄嗟に剣を間に入れるが、男は足に強化魔法をかけているのか、剣の方が負けて折れてしまった。そして俺の腹部へと減り込み、俺は吹き飛ばされてしまった。


「ゼスト!? このぉ!」


「やめろ、ティリア!」


 俺が吹き飛ばされた事に気が動転してか、男に向かってハルバートを振り下ろすティリア。ディッシュが制止の声を叫ぶが、ティリアは止まらない。


 男は迫るティリアを見て、ニヤリと笑いやがった。そして


「まずは1人目」


 と、ティリアのハルバートを弾いて、ティリアに向けてナイフを立てる。そのままティリアの胸元にナイフが進み……


「させるかよっ!」


 男とティリアを割るように、ディッシュが剣を振り下ろす。ディッシュはティリアが走り出すのと同時に駆けていたようだ。そして身体強化をしているディッシュは、直ぐにティリアを担ぎ、男から離れる。男はその光景をニヤニヤしながら見ていた。


「メアリー! 直ぐにゼストを回復させろ! 直ぐにこの場から逃げるぞ!」


「う、うん!」


 支持されたメアリーは直ぐに俺の側に走ってくる。俺は血反吐を吐きながらぶつかった木に手を当てて何とか立ち上がる。ちっ、骨がいくつか折れている。なんて蹴りだよ。全く。


「だ、大丈夫、ゼスト君!? 直ぐに治療するからね!」


「……応急処置だけで良い。そんな時間かけていられないからな」


 メアリーは頷いて、痛みを抑えてくれる魔術を使ってくれる。その間、ディッシュは赤髪の男と切り合っている。


 ディッシュは身体強化を全開にして攻めるが、赤髪の男はまだまだ余裕そうな雰囲気でディッシュの剣戟を受ける。


「はぁぁぁ!」


「中々の動きだな。天才って奴か? 後数年あれば俺もやられていたかも知れねえが、運が悪かった、なっ!」


 赤髪の男は右手に持つナイフでディッシュの剣を逸らすと、空いている左手で顔面を殴る。ディッシュは仰け反るが、その場で耐えた。そして剣を横薙ぎで振るが、赤髪の男は剣の上を跳び、ディッシュの顔を蹴り飛ばす。


 ディッシュは吹き飛び地面を転がるが、直ぐに立ち上がる。鼻は蹴られた時なのか、折れていて血が溢れるほど出ていた。ディッシュはそれを気にすることなく、剣を再び構える。


「……ありがとう、メアリー。だいぶ楽になった。お前たちは直ぐにここから離れてグレル先生を呼んでくれ。俺とディッシュはその間奴を抑える」


「で、でも、それだとゼスト君とディッシュ君が!」


「いいから、早く! ディッシュがどれだけ抑えられるかわからない。今が最大のチャンスだ。メアリー、エマとティリアを連れて逃げてくれ!」


 俺の言葉にメアリーは涙目で歯を食いしばりながら、エマとティリアの元へ向かう。俺はそれを見ずに赤髪の男へと向かう。


 後ろでティリアの叫ぶ声が聞こえるが、メアリーとエマが止める声も聞こえる。それも少しずつ離れて行く。


 俺は赤髪の男に手を向けて


「穿て、ウィンドバレット!」


 魔法を放つ。俺が放った風の弾は、赤髪の男へと向かうが、男は簡単に避けてしまう。まあ、それも予想の範囲内だ。俺はディッシュの横に並ぶように立つ。


「やっと来たかよ。遅かったなゼスト」


「悪かったな」


 ディッシュは俺にそんな事を言ってきながらニヤリと笑うが、視線は男から離さない。


「まるで小説みたいだな。女を守るために自己犠牲ってか? そんなのラノベだけだぜ。現実はそんなに甘くねえ。弱い奴は死ぬ、それだけだ」


 赤髪の男はそれだけ言うと、ナイフを放ってくる。ディッシュは剣で弾き、俺は避けるが、赤髪の男は木々を器用に飛び回り、俺たちの予想もつかないような動きをする。さっきまでとは動きが違う!


「ほらほら、どうした! その程度なら、お前らを殺して、さっきの女どもを追いかけて、犯すぞ!」


「ちっ、グダグダと煩い男だ! ぶった切ってやる!」


 ディッシュは迫る男に剣を振り下ろすが、男はのらりくらりと躱していく。俺も殴りかかるが当たらない。


「そらっ!」


「があっ!」


 その上、避けぎわにナイフで切りつけてくるため、俺もディッシュと傷だらけだ。それでも死んでないのは、遊ばれているからだろう。舐められているのが丸わかりだ。


「ふぅ、遊びもこのくらいにしておくか。これ以上遊んでいたら、さっきの女どもに仲間を呼ばれちまうからな。さっさと殺さねえと」


 そう言った赤髪の男の雰囲気がガラリと変わる。俺たちを包み込む殺気。体中に刃を突き付けられているような感覚に陥る。これがこの男の本気か。


「……お前は一体誰なんだ? どうしてこんなところにいる?」


「俺か? ……まあ、どうせ殺すから話しても良いか。俺はな帝国から逃げてきた犯罪者なんだよ。人を殺すのが好き過ぎてな、少しやり過ぎちまった。今みたいにいたぶって、命乞いしてきたところで殺すのがよ!」


 ……狂ってやがる。しかもこいつが半年前に逃げてきたって言う犯罪者かよ。


「前ところじゃあ、法律が厳しくて出来なかったが、この世界はそこまで厳しくねえからな! やり過ぎちまったよ! ははははははは!」


 狂ったように笑い声を上げる赤髪の男。考え方が狂っている上に、それが行える程の実力を持っているのが厄介だ。俺たちが構えるところに、更に赤髪の男は話す。俺にとってとても聞き逃せない事を。


前世・・じゃあ全く人が殺せなかったからな! お前らも俺の楽しみのために死んでもらうぜ!」


 ……俺の心臓が跳ねた気がした。今あいつはなんて言った? どう言う事だ?


「来るぞ!」


 だけど、考える暇もなく、赤髪の男が両手にナイフを持って切りかかって来る。今は考えている暇はない。ティリアたちがいなくなって、ようやく使える。俺だけの固有魔術オリジンを!

「異世界で彼女を探して何千里?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く