英雄の妹、最強を目指す!

やま

12話 VS5階層守護者

「来るわよ!」


 ゴブリンジェネラルの叫びに、こちらへと向かって来るゴブリンとゴブリンソルジャー。ゴブリンたちを迎え打たないといけないけど、それよりも先に、奥で矢と魔法を放つ準備をしているゴブリンアーチャーとゴブリンマジシャンをどうにかしないといけない。


 既に放てる準備を終えている2種のゴブリンたちは、私たちへと放ってきた。


「2人とも、私の周りにいて下さい! ファイアウォール!」


 放たれた矢と魔法を防ぐため、エリアが火の壁を前面に発動する。火の壁にぶつかった矢は火に燃えるけど、時折突き抜けて来る魔法もある。


 その上


「デルス、そっちを頼むわよ!」


「わかってる!」


 火の壁によって、真っ直ぐ来られないゴブリンたちが、左右に分かれてやって来たのだ。上手い事ゴブリンは半々に、ゴブリンソルジャーはデルスの方に2体、私の方に3体。


 エリアは、放って来る矢や魔法を防ぐのに、手を離さないので、援護を頼れない。ここは私たちで抑えるしかないわね!


「行くわよ!」


 まずは棍棒を持ったゴブリンが3体。後ろに2体、ゴブリンソルジャーが続く。


 振りかぶるゴブリンの棍棒を弾き、別のゴブリンのお腹を突く。その間から抜けて来る3体目のゴブリンが、飛びかかって来るけど、私は右足を高く振り上げて、思いっきり振り下ろす。


 私のブーツのかかとが、ゴブリンの頭へと減り込む。そのまま地面へと叩きつけられたゴブリンは、起き上がろうとするけど、その上を後ろから来たゴブリンに踏まれ絶命する。


 私は黒賢杖の両端を氷で強化する。両端を氷で鋭く固めたのだ。氷で強化した黒賢杖で、ゴブリンたちを切って行く。


 膝を切り、地面に手をつくゴブリンに向かって、杖を下から振り上げる。ゴブリンの顔を縦に切り裂いて倒し、別のゴブリンへと突きを放つ。喉元に突き刺されたゴブリンは、声を出す事も出来ず、押さえながら倒れる。


 普通のゴブリンは倒したけど、まだゴブリンソルジャーが3体残っている。


 3体のゴブリンソルジャーは、先ほどのゴブリンたちとは違って、私を警戒しているため、不用意に近づいて来ない。


 このまま、1体ずつ減らしていこうかと思ったけど、現実はそこまで甘くなかった。


「っ! クリシア、不味いです!」


 背後からエリアの焦る声が聞こえてくる。私はゴブリンソルジャーを警戒しながらも、背後を確認すると、後ろでゴブリンたちを倒しているデルスの姿と、火の壁を維持するエリアの姿が見えた。


 何が不味いのか一瞬わからなかったけど、私が理解する前に、それはやって来た。


「ゴバァー!」


 この守護者の部屋のボス、ゴブリンジェネラルが火の壁へと突っ込んで来たのだ。ゴブリンジェネラルは、火の壁に向かって手に持つ巨大な斧を振り下ろす。


 火の壁は耐え切れずに、ゴブリンジェネラルの持つ斧によって、切り裂かれてしまった。そして、エリアの前に立つゴブリンジェネラルは、既に次の攻撃へと移っていた。


 私は直様身体強化を発動。ゴブリンジェネラルへと迫る。当然、私と対峙していたゴブリンソルジャーたちは、これがチャンスだと感じたのか、一斉に走り出して来る。


 私がゴブリンジェネラルに向かうのと同時に、エリアは、私の背後を迫るゴブリンソルジャーへと向きを変える。


 私とエリアはすれ違いざまに頷きあう。予定に比べて早くなったけど、これもまだ予定の範囲内だ。


 前もって調べていたので、ゴブリンたちの数はわかっていた。押さえて、倒しきれるならそれで良し。もしゴブリンジェネラルも来て、突破された時は、一時的に私がゴブリンジェネラルの相手を、エリアは無警戒に迫るゴブリンソルジャーへと魔法を放つ事になっている。


 デルスは、私たちの事を気にせずに、先に目の前の敵を倒すように言っている。デルスの前にいるゴブリンは、ゴブリンソルジャーが1体だ。あれを倒した後は、アーチャーとマジシャンを倒しに行く手筈。


「くらいなさい! ファイアランス!」


 エリアは、ゴブリンソルジャーたちに先端に赤い魔石を付けた杖を向けると、火の槍が空中に出現する。そして、空中に出現した槍は、ゴブリンソルジャーへと飛んで行く。


 ゴブリンソルジャーは、火の槍を剣で弾いたり避けたりするけど、次々と放たれる火の槍を避け切れずに、刺さって行く。そこから火が燃え上がり、ゴブリンソルジャーたちを焼いて行く。


 しかし、倒せたのは2体で、残り1体は、火の槍が刺さった腕を切り落として、残った左手に剣を持ってエリアへと向かう。


「舐めないで、下さい!」


 見た目から魔法師だとわかるエリアを相手してか、ゴブリンソルジャーは真っ直ぐにエリアへと向かう。だけど、エリアも私に杖術を教えてくれたヴァーティー師匠の弟子。万が一、接近戦になった時の対処法ぐらいわかっている。


 振り下ろされるゴブリンソルジャーの剣を、エリアは避けて、杖の先端の赤い魔石部分を、ゴブリンソルジャーの脇腹へと当てる。そして


「ファイアボール!」


 ゼロ距離で魔法を放った。ゼロ距離でくらったゴブリンソルジャーは、脇腹から体内も焼かれて、息耐えた。


 良かった。何とか倒したようね。私がゴブリンジェネラルの攻撃を1人でも受け切れている間で良かったわ。


 デルスも最後のゴブリンソルジャーを倒して、そのまま遠距離型のゴブリンたちへと向かった。あちらももう直ぐで倒すでしょう。さて、ここからが本番ね。

「英雄の妹、最強を目指す!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く