思いつき短編集

かなみん

『HTaSB/CaAT in the park』

会社の昼休みに缶コーヒーを買って近くの公園に行った
ベンチに腰を掛け背中の力を抜く
「なぁお前最近どう?」
「ぼちぼちだな。お前は気楽そうでいいよな」
「そうか?どう見られてるかは知らないけどこっちこっちで大変なんだよ」
「ふーん。でもこっちもやれ団体行動だやら
団結やらうるせーぞ。」
「そりゃお前仕方ないだろそういうもんなんだから。じゃないと生きていけないだろ」
「上に奉仕するのはいいけどよー俺らも俺らで生きてんだよなー。」
「お前は見たまんま大変そうだな」
「やめてーけど止められねーんだよな。
つかお前は何してんの?」
「息抜きだよ見りゃわかんだろ」
「お前いつもそんな感じだろさっさと戻れよ」
「そいつはそっくりそのままお返しするよ」
「そっちが絡んできたんだろうが」
「わかったわかった。じゃあな。ちゃんと運べよ」
「当たり前だろこれがなきゃ死ぬんだから」
おーよしよし可愛なぁ〜
さて、コンビニ行って昼飯買うかー

Human take a short break.
Cat and Ant talk in the park.

「思いつき短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く