思いつき短編集

かなみん

『HAPPY Halloween』

10/31 
町は静かな喧騒に包まれてた。
収穫祭当日家の外には顔の形にくり抜かれた
かぼちゃが置かれ街灯は一様のオレンジに染まっている。
男は1人黙々と準備を進める。夜のためにだ。
この町に男は一人しかいない。勿論
住民が1人という訳では無い。
少なくとも町を運営できる程度には
住民がいる。
男は新しく人が住み始めると決まってこう
伝える
「ようこそ再会の街へ。好きに暮らすといい、だが10月31日だけは普段通りの服を着て普段通りの生活をして家から出るな。会いたい人に会うためにもな。」

私は一月ほど前にこの町に越してきた。
この町には女性がとても多い、というか
最初に挨拶に来たあの男性以外女性にしか会っていない。多分みんな同じ目的でこの町に来たんだろう。ちょっと話をしたけどみんなそんな感じだ。
私たちは10月31日、ハロウィンをこの町で過ごすためにやってきた。 

決まってこの時期この町はとても賑わう
住民が急増するからだ。
普段は人がいるのかすら怪しいほどに
人気のない町だがハロウィンの一月ほど前から活気が増してくる。
と同時に事件の件数も目に見えるほど増える
というのはこの辺りを担当する保安官の話だ

ハロウィン当日私たちは言われたとおり
普段通りの服を着て普段通りの生活を送った
すると家のベルがなった
「私だ。確認しにきた。ドアの隙間から顔を覗かせるだけでいい。」
もう何年在るかわからない木製の扉が
軋んで開いた。
「あ、あなたは仮装なさるんですね」
「なにか可笑しいか?今日はハロウィンだろう?」
扉の前にいたのは黒いローブに顔の形にくり抜かれたかぼちゃを被った何かだった。
「いえ…用事はすみましたか?」
「ああ今日はこのまま過ごすように。
会えるのは次に扉を開いた時だ。」
「分かりました。では」
扉は開いた時と同じように緩やかな軋みを立てながら閉まった。
トントン
扉の方で軽い音がなった
「今すぐ行くわ!」
私は急いで扉を開けた
そこには黒く赤く青く白い細長いものが
絡みつき塊のような何かがいた。
「ああ…会いたかった…!」

11/1
町はまた静かになった。
鳥の声や風の音、水の音がよく聞こえる。
昨日までの喧騒は最初からいなかったかのような静寂に不審に思った保安官が
平然と畑を耕す男に声をかけた
すると男は挨拶と一緒にこう答えた
「あんた新人か?ここなんて呼ばれてるかしってるか?再開の町だよ。聞いたことあるだろ?昨日は何の日か、なんて言う必要はないよな?まぁあんたには関係ない話だろうがな。まだ言わなきゃいけねぇのか?先輩にでも聞けよ。あぁこれだけは言っといてやる。Trick or Treat は子供の合言葉だよ。
ほら帰った帰った。」
新人は先輩にその事を話すとなぜ1人で言ったのかそのことに関してはもう聞くなと怒られたらしい。
まぁ暫く同じことを聞かれることはないだろう。
また準備を始めなくては。
男は次の10月31日、再会の日に向けて
準備を始めた。


ハロウィン:ケルトの旧い儀式を起源にもつ
収穫祭であり祓魔の祭りである
仮装するのは死霊や魔物に仲間だと思わせ
連れていかれないようにするためと言われている

「思いつき短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く