思いつき短編集

かなみん

『UP or DOWN…?』

カラカラと扉は音を立てた。
「いや、まさかな…」
教室から抜け出せないという噂が
立ったのが始まりだったのか。
教室の扉の前に立ってそんな事を思う。
使われていない教室の扉を誰もいなくなったあと開けると教室に出るとかなんとか。
面白半分でやってきたが1人で来るんじゃなかった。
「どうすんだこれ…?もっとちゃんと聞いときゃよかった。」
普通に考えれば普通のことだ、教室の扉を開けると教室に出る。
俺は教室の扉を開けて教室に入った。

「思いつき短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く