思いつき短編集

かなみん

『最終信号』

女に手紙が届いた。差出人は片田舎の実家から都会に巣立った妹だ。
______________________________________
お姉ちゃん調子はどうですか?
私は1日がこんなに早く終わるものだと知りませんでした。こちらの生活にも慣れてきてようやく一段落ついた感じです。近くの服屋さんや2歳年上の店長さんがいる雑貨屋さんも今度一緒に行こうね!あ!綺麗な桜が咲く三色公園っていう小さな公園があるからこっちに来た時は寄ってみてね。
廃れたフォー屋さんがあったんだけど
食べてみたかったなぁ
ライス5杯無料の日替わり定食を出してくれるお店を見つけたんだよ!
あと言いたいことなんだっけ…
6つ子の赤ちゃんが隣のおばさんの家にできたの!凄くない?!
さらに!7匹もペットを飼ってるんだよ!大家族って憧れるなぁ
ススキ八番館っていう骨董品を売ってる店があるんだけど1人じゃ怖くて入れないから今度来た時2人で行こうね?
まぁまた来て!9月は大体空いてるから!
それじゃあ、またね
______________________________________

女は血相変えてすぐさま警察に連絡した。

「思いつき短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く