思いつき短編集

かなみん

『淋雨』

私は雨が嫌いだ
雨の嫌いなところなんて
山ほどある。
好きなところなんてひとつもない
どこにも行けないし傘をわざわざ持っていかなくてはいけない
つくづく面倒だ。
他にもまだある
例えば…

「おまたせ!」

いや、好きなところが一つだけある。
部活のなくなった君と一緒に帰れるところだ

淋雨(さみだれ)

「思いつき短編集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く