新たな恋は突然に

りっきー

26話──お疲れ

俺は家に帰ってきた。

「はぁー。疲れたー!」
俺は帰ってきて直ぐにベットに横たわった。好きな人と2人だけって言う空間は精神的に疲れる。俺はそのまま眠りに着いた。




気が付いたのは、夜8時頃だった。

「やば! 寝てた!」
俺は急いでリビングに行った。すると、既に母が帰って来ており、お風呂から出たあとだった。

「おかえり。」

「あ、翔太。お風呂入ってて夜ご飯作っとくから。」

「はーい。」
母はキャリアウーマンで数々の仕事をこなしてきたらしい。俺は家での母しか知らないから分からないけどね。





「ふぅ。上がったよ。」

「じゃあご飯食べよっか。」
何故父親が居ないのかと言うと、単身赴任中で今は山口県に居るからだ。父は会社員で部長か課長をやっていると聞いた気がする。たまにメールなどはするけど、いつも俺の事を一方的に言ってくるだけだ。

「「いただきます。」」





「じゃあそろそろ寝るね。おやすみなさい。」

「おやすみ。」
俺はベットの上で今日の出来事を考えていて、結局直ぐには寝られなかった。すると、メールが来て開いてみるとゆめからのメールだった。『今日はありがとう! また遊ぼうね。約束忘れないでね。』などが書いてあった。それを読みながら俺はにやけていたと思う。俺は『こちらこそありがとう。楽しかったよ。忘れません。』と返した。この後俺は寝てしまった。やはり疲れが取れていなかったのだろう。明日は学校なので実のように寝ないように気をつけたい。




翌朝

「やべ! 寝坊した!」
学校には十分間に合う時間だが、いつもより20分起きるのが遅かった。

「早く寝るべきだったな。」
俺は急いで支度した。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く