新たな恋は突然に

りっきー

25話──終わり

〜〜数時間後〜〜

「はい! はいはーい! 終わりましたー!」
ゆめが急に大声を出した。

「え! 終わったの!?」

「イエス! 終わったー! やっぱり私はゲーム天才かもねー!」

「そうだねー。天才だー。」

「絶対思ってないでしょ!」

「まあまあ、そんな事は気にしなくていいよ。そろそろ帰る時間だ。」

「そっかー。そんな時間だっんだね。時間が経つのは結構早いね。また、遊ぼうよ!」

「あ、うん。いいよ!」
やったぜ。これでまた遊ぶ約束が出来た。

「あれれー? なんか嬉しそうじゃない?」
おっと、まさか顔に出てたなんてな。

「まあね。1人でゲームやるより、2人でゲームした方が楽しいに決まってるからね!」

「そうだね! 私もそう思うよ!」

「だよね! じゃあそろそろ帰る支度するね」

「はーい。」
俺はバックに色々と仕舞った。

「じゃあ今日はありがと。また明日!」

「こちらこそありがとう! またねー!」
ゆめが手を振って来たので、恥ずかしかったが仕方なく手を振り返した。

「あっ! リュウくん待って!」
俺は立ち止まって振り返ったら急いでゆめが家の鍵をかけて出てきた。

「駅までの帰り方知らないでしょ? 送るよ!」

「あ! そうだった! ありがとう。」

「どういたしましてー! 次はいつ遊ぶ?」

「予定決めるの早過ぎない!?」

「確かにそうだね! じゃあまたメールするよー! そんな事より、私が勝負に買ったんだからなんか奢ってよ!」

「あ、いいよ。次遊んだ時にでも何か買ってあげるよ。」

「え!? ほんとにいいの?」

「うん。いいよ?」

「まじかー! ダメ元で言ったんだけどなー。まあくれるならいいか。」

「そうだよ。じゃあ駅着いたから本当にまた明日ね。」

「またあした! ばいばーい!」

「ばいばい。」
2回目なのでしっかりと手を振り返した。




「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く