新たな恋は突然に

りっきー

21話──当日

「きょ、今日だ。さあ行くぞ。」
と言っても、駅で待ち合わせして一緒に家まで行くんだがな。俺は集合時間の30分前に着くようにした。おまたせーまった?ってシチュエーションをやりたいからな!

「流石に暇だ。」
仕方ないので俺は音楽を聞いて暇つぶしをしていた。音楽を聞いていたら佐藤さんらしき人がこっちに向かってくるのが見えた。集合時間まであと10分あるが、きっと早く来てくれたのだろう。

「お待たせー! 待ったー?」
おぅふ。下から覗き込むような仕草でテンプレを言ってきてくれたので思わず声が出そうになった。

「いや、今来たところだよ。」

「そっか! それはよかった。じゃあ行こうか。」

「うん。家はここから近いの?」

「結構近い方じゃないかな? 歩いて10分で着くからね!」
こっちを向いてピースサインをしながら言ってきた。

「そうなんだ! いいねー! 俺なんて自転車で10分だよ。」

「遠いねー。まあ仕方ないさ! そんな時もあるって!」

「そうだね!」
まあ、そんな時しか無いけどな。

「っとそろそろ着くよ。」
佐藤さんお家は一軒家の二階建てで新しそうな家だ。

「おー! ここか。新築って感じだね。」

「まあね。建ててそんなに経ってないと思うよ。さあ入って入って。」

「お邪魔しまーす。あれ? 親御さん居ないの?」

「うん。どっかに出かけちゃったと思うよ。」

「そっか。じゃあこれ渡しといてよ。」
俺はお菓子の詰め合わせを渡した。

「わー! ありがとう。渡しとく! さあさあ、私の部屋行こ。」
俺はそこまま2階に案内されて、佐藤さんは飲み物を取りに行ったので、1人で待たされた。

「うわー。これが女の子の部屋かー。」
女の子女の子している部屋だった。俺はソワソワしながら待っている。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く