話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

新たな恋は突然に

りっきー

17話──1試合目

「よし! やるぞ!」
俺は緊張していたから気合いを入れ直した。相手も初心者のようなので、素晴らしい泥試合になると思う。

「よろしくお願いします。」

「よろしくお願いします。」
ついに始まった。相手からのサーブなのでしっかりと取っていきたい。初心者と言ってもサーブはあまりミスをしていない。




「ふぅ。まだまだこれからだ。」
相手に翻弄され、俺は1ゲームを落としてしまった。しかし、俺は少し身体が暖まってきてどんどん動くことが出来た。あと一歩のところで相手にスマッシュを決められて俺はまたしても1ゲーム落としてしまった。

「はぁ。」
流石にため息が出てくる。すると、後ろから声が聞こえた。

「翔太くん頑張れ!」

「翔太くん頑張れー!」
なんと、実と佐藤さんだったのだ。そのおかげで俺はやる気が戻り1ゲームを取り返すことができた。その後も2ゲーム目を取り、第5ゲーム目が始まろうとしたいた。

「よし! いいぞ。この調子だ。佐藤さんが見てる中でミスは出来ないぞ。」
少し緊張してしまうが今はそれがとてもいい。程よい緊張感なのだ。相手からのサーブだったが、何とか勝つことが出来た。

「翔太くんおつかれ!」

「お! 実お疲れ様!」

「翔太くんおつかれー!」

「あ! 佐藤さんお疲れ様ー!」

「二人共応援ありがとな。おかげで勝つことが出来たよ。」

「翔太くんが頑張ったから勝てたんだよ。」

「私の試合も見に来てくれたお礼だよ。」

「ありがとう。じゃあ休憩してくる。」

「分かった! 待ってるねー!」

「お疲れ様!」
俺は2人と別れた。



俺達3人は結構2回戦目で負けてしまった。佐藤さんが全国クラスの人と当たってしまったらしい。あと一歩及ばずって所だった。全ての試合が終わり、俺達は帰宅となった。佐藤さんと帰りが同じなので、一緒に帰ることになった。とてもドキドキしている。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く