話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

新たな恋は突然に

りっきー

14話──先生

最近いつも思う。何故毎日こんなに佐藤さんを探すようになってしまったのか。今だってそうだ。同じ電車に乗れるかどうかを探してるなんて、ただのストーカーなのではないか?俺は考え込んでしまった。結局学校に着いたので、考えるのをやめた。

「実おはよ。」

「翔太くんおはよ。いつもと変わらない朝だね。」

「そうだな。いつも通り実は寝てるもんな。」

「まあね! 寝るのが仕事みたいな所があるし。」

「そ、そうか。まあ、適当に授業受けて部活頑張ろうぜ。」

「うん! 頑張ろー!」
俺達は今日も普通の授業で、実はずっと寝てて、俺は授業をしっかりと聞いて終わった。

〜〜放課後〜〜

「実おはよ。」

「翔太くんおはよ。今日、2回目の朝だね。」

「いやいや、お前だけな。俺は寝てないからな。」
その言い方だと俺まで寝てたみたいじゃないか。

「よし! 部活行くぞー!」

「はーい。着替えるから待っててね。」

「はいはい。出来る限り早くしろよ。(俺は早く佐藤さんを見たいんだから。)」

「ん? 何か言った?」

「いや、何も言ってないぞ?」

「そっか!」

〜〜部活〜〜

「よし! みんな集まったな。今日も1年は走り込み。2、3年は打ちっぱなしだ。」

「「「「「「はい!」」」」」」

「実頑張ろうな!」

「僕やる気無くなってきちゃったよ。」

「おいおい。ちゃんとしろよ。」

「おーい! 翔太先生!」
おやおや? この声はまさか?

「あっ。佐藤さんどうしたの?」

「走り方教えてよ!」

「あぁ。そ、そうだったね。長距離の走り方は、手は少し内側に振って、目線は1歩先を見る感じだけど、下を見すぎると辛いからダメ。あとは呼吸を一定に保つ事かな?」

「なるほど......なかなか大変なのね。まあ、頑張ってみるわ!」

「おう! 頑張れ!」
ふー。何とか噛まずに言えた。めっちゃ緊張したなー。っと、そろそろ始まるな。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く