話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

新たな恋は突然に

りっきー

12話──偶然の出会い

「実! 今日はありがとな! 楽しかったぜ! 」

「こちらこそありがとう。僕も楽しかったよ。こんなに歌ったのは初めてかもしれない。」

「それはよかった。じゃあまた明日な! 」

「うん! ばいばーい。」
俺は玄関を出た。



歩道を歩いていると、佐藤さんに似てる人を見つけた。

「あれ? 佐藤さんかな? 私服だ......どっか行ってたのかな?」
俺はあの人が佐藤さんなら同じ電車に乗れて、ワンチャン声をかけてもらえると思ったので、少し早歩きをして、佐藤さんより少し前で歩いた。心の中ではずっと(さあこい、さあこい、さあこい)と思っていたのだ。しかし、なかなか声を掛けてくれない、まさか人違いだったのだろうか。俺は少しがっかりしていた。



そろそろ電車に乗る時になった。俺は電車に乗ったらなんと、佐藤さんと目が合った。

「あっ」
思わず声が出てしまった。

「あっ翔太くんこんにちは。」

「佐藤さんどうもです。」

「何してたの?」

「友達とカラオケ行ってました。佐藤さんは?」
まあ、行ったというより家でやってたからな......

「そうなんだ! 私は図書館で勉強してたよ!」
流石だ! 勉強するなんて素晴らしすぎる。これが人の見本になる人なのか......

「凄いですね。俺なんて勉強全然してないですよ。」

「勉強はしとくべきだよ! 頑張って! ってか敬語は無しだよ?」
下から覗き込むように俺の顔を見てきた佐藤さんがとても可愛かった。

「わかり、分かった。」

「そう言えば翔太くんはどこに住んでるの? 私は高野なんだけど」

「え? まじ? 俺も同じだよ!」
まさか、同じ所に住んでるなんて...

「え! 同じなんだー!そうだそうだ。翔太くん走るのめっちゃ速かったね!」

「まあ、陸上部に入ってたからね。」

「じゃあさじゃあさ、走り方教えてよ! 」

「お、おう。いいけど、今? 」

「流石に今は難しいでしょ?」
佐藤さんがくすくす笑っている。

「そ、そうだね。」
釣られて俺も笑った。

「じゃあ今度教えてよ。」

「分かった。」
そのあと俺達は電車を降りた。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く