新たな恋は突然に

りっきー

9話──体育

今日はとても目覚めがよかった。何故かと言うと、目覚ましより5分早く起きれたからだ。

「ふー! よし! 今日も学校頑張るか。」
今日は体育があり、1・2組男女合同なので、合法的に佐藤さんを眺めることが出来る。今はバレーボールをやっているので俺のいい所はあまり見せられないだろう。





「さーて、今日は電車出会えるかなー?」
俺は音楽を聞くことをすっかりと忘れている。

結局会うことは無かった。最近はあまり会えないから、まさかとは思ってたけどな。




「おはよー実! 」

「あ、翔太くんおはよう。今日も元気だね。」
相変わらず眠そうな顔をしている。

「まあな! 今日は体育があるからな。」

「そうだったね。でも、バレーボールだから翔太くんはあんまり楽しくないんじゃないかな?」

「確かにそうだな! まあ、頑張ってみるよ。」

「お互い頑張ろう! でも、翔太くんは身長高いから出来そうだよね。僕はちっちゃいからね。」

「背が高くても俺は球技が苦手だからなぁ。」




「始まったねー。」

「そうだな。適当に頑張るか。」

「うん。僕は端っこの方にいるから翔太くんは頑張って。」

「っておい! 本当に端っこの方に行きやがった。」
仕方なく俺はほかの男子に混ざってバレーボールをする事にした。


「ほっ!やっ!とうっ!」
どんなに打ってもなかなか思うようには行かない。

「高木くん、力を抜いて打ってみなさい。」
そんな事をしていると、先生が助言してくれた。

「分かりました。」
その通りに打ってみると、確かにさっきよりは出したい方に打てた。

「ありがとうございます。」

「はい。頑張ってね。」
先生が居なくなり、俺はそろそろ実の方に行って、休憩(佐藤さんを眺める)をしようと思う。

「あれ?翔太くんどうしたの?」

「なあに、俺も休憩しに来たんだ。」

「そっか! じゃあ隣どうぞ。」
少しズレて隣の席を譲ってくれた。

「ありがとうな!」

「さっきから見てて、男子より女子の方が上手いよ。」

「おっ! そうか! じゃあ女子の方を見るか。」
こうして俺は適当に会話に返事をしながら、佐藤さんの練習を眺めることが出来たのだ。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く