新たな恋は突然に

りっきー

8話──いつでも考える

「よし! 今日の部活は終わりだ! 着替えて、速やかに帰ってくれ。明日の連絡はさっき言った通りだから、忘れるなよ。」
部長の話が長かった...。

「翔太くん、着替えて帰ろう?」

「そうだな。じゃあ教室行くか。」
俺達は教室へと向かった。その途中に、前に佐藤さんが居た。俺は気付かないふりして、実と話してた。

「よし。着替え終わったし、忘れ物もないから帰るか。」

「うん。僕は疲れちゃってバスで寝ないように気をつけるよ。」
確かにとても疲れてる顔をしている。

「俺も少し疲れたから、寝ないように頑張らないとな。」
流石に同じ所をぐるぐる走るのは精神的にきつい。俺達が校庭に出た頃には既に夕日が消えかけているところだった。

「じゃあまたな!」

「うん。バイバイ。」
俺達はいつも通り校門で別れた。俺はまだ、佐藤さんが教室に居たのを見たので、少し遅めに歩いた。しかし、早く帰って風呂に入りたいという心の葛藤があり、風呂が勝ってしまったので、どんどん歩くスピードが速くなって行った。結局会えずに、俺は駅に着いた。

「あー。会えなかった...」
俺は悲壮感を漂わせながら、とぼとぼと家に帰った。既に、太陽は消えていて、薄暗くなっていた。

〜〜家〜〜

「ただいま。ってまだ誰もいないか。まあいいや、風呂入ろ。」
俺はお湯を沸かしてる間、テレビをつけてボーッとしていた。最近はよく佐藤さんのことを考えてしまう。これが恋なのかな?と思う。

〜〜風呂〜〜
「あー気持ちいい。何もかも忘れちゃいそうそうだなー。」
俺は、風呂に入ると結構なんでも良くなってしまう。これが良い事なのか悪い事なのかは分からないがな。風呂から上がり、俺は佐藤さんの走りを思い返していた。少し聞こえた話だが、佐藤さんがお友達に俺に走り方教えてもらいなって言ってたような気がしたんだよな。本当にそうなら、俺は嬉しいな。



夕食も食べ終え、俺はベットに入った。最近は本当に寝れなくて、佐藤さんのことを考えてばっかりだ。流石にまずいと思い、何度も寝ようと試みるが、全くと言っていいほど効果がない。俺は眠りにつける音楽を聴いてみた。しかし、これも意味がなく、佐藤さんのことを考えてるといつの間にか寝ている。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く