話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

新たな恋は突然に

りっきー

6話──知らない悲しみ

〜〜次の日〜〜
今日は土曜日なので学校が休みだ。俺の高校はほとんど皆が歩きか自転車で登校してくるぐらい近くに住んでる人ばっかりなのだ。まあ、俺は電車で4駅乗ってるけどな。俺の休日の過ごし方は家でダラダラ溜まっているアニメを見るか、ゲームをしてるかの2択しかない。ただ、佐藤さんに会えないのは少し悲しい。

〜〜月曜日〜〜
やっとこの日が来た。2日間も好きな子に会えないのは結構辛い事を知った。今日もいつもの時間の電車に乗っているので、きっと会えると信じている。しかし、まだ見当たらない。1駅が過ぎ、また一駅が過ぎ、結局降りる駅に着いてしまった。そして俺は学校まで歩いた。

「はぁ。」
俺は校門でため息をついてしまった。

「翔太くんおはよー。」
すると、後ろから眠そうな声が聞こえた。振り返ると、案の定実だった。

「あれ?実今日遅くない?」

「うん。ちょっと目覚ましをかける時間を間違えちゃってね...」

「それは災難だな。早く、教室行こうぜ!」

「うん。行こうか。」
俺達は教室へと向かった。

〜〜放課後〜〜

「いやーよく寝たー!」

「おい実、ずっと寝てたじゃないか!」

「え?何でバレてるの?」

「そりゃあ気持ちよく寝てるのが先生にバレたからに決まってるだろう?」

「え...バレてたの?」

「そうだよ?気づかないもんさ。爆睡だったんだもん。」

「うわー!やらかしたかなー次からは気をつけよ。って、6限まで終わったんだっけ?」

「終わったよ?今日もテニス部の仮入部しに行くか?」

「僕は眠くて、身体が動きそうにないからやめておくよ。翔太くんは行くの?」

「実が行かないんなら俺も行かないよ。」

「そっか!じゃあ帰ろう!!」
でた、実の素早い動き。

「お、おう。」
翔太は部活に行かなかったことを後悔するだろう。女子テニス部の仮入部に佐藤さんがきていたなんて知らなかったんだからな。このことを知ったのは次に俺が部活に行った時だ。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • りっきー

    そ、そんなことないですよ!

    0
  • さしたる者

    これストーカー予備軍では?w

    1
コメントを書く