新たな恋は突然に

りっきー

4話──再会

〜〜次の日〜〜
俺は初日と同じ時間の電車に乗っていた。きっと今日は、【あの子】に会えるのではないかと思っている。俺はイヤホンが無いので、ぼーっと外を眺めていた。すると、【あの子】の匂いが香ってきた。俺はすぐに【あの子】を探した。しかし、人が多くてまだ見つからない。次の駅で人が大勢降りるから、その時にまた探してみようと思う。仕方なく、俺は匂いで次の駅まで我慢した。とてもいい匂いで、ストレスやらなんやらが全て抜けそうな勢いだ。次の駅になり、俺はまた、【あの子】を探した。すると、少し遠くに【あの子】がいたのだ。

「あっ!」
俺は思わず声を出してしまった。なぜなら、【あの子】は俺のイヤホンを使っているのだ。声が出てしまったせいで、【あの子】がこっちを見た。そして、近づいてくる。

「あ、あの!先日ぶつかった人ですよね?」

「そ、そうですよ?どうしたんですか?」

「ぶつかった時にあなたがイヤホンを落としたんですけど、顔を思い出せなくて、これを付けてれば、話しかけてくれるかなって思って...」
下を向いでモジモジしている。

「そうだったんですか!ありがとうございます!でもビックリしましたよ。まさか俺が無くしたと思ってたイヤホンをあなたが付けているとは思わなかったので。」

「あ、私は佐藤さとう   ゆめ2組だよ。ごめんね。勝手に使っちゃって。」

「俺は高木   翔太1組です。全然平気ですよ。
    むしろ嬉しいです(ボソッ)」

「ん?何か言った?」

「何も言ってないですよ。それより早く降りましょう。着きましたよ。」

「あっ!ほんとだ!早く行かなきゃ!あと、これから敬語は禁止だよ!」

「うん、わかり...分かった!」
その後俺達は2人で学校まで登校した。俺は、とても緊張していてほとんど聞き手になっていたが、それはそれで楽しかったので良しとしよう。今日は、佐藤さんと仲が良くなっただけでとても嬉しいから、テストが0点でも何も怖くないぜ。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く