話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

55話 白王のシルバ

「よし、とりあえずマルシアの回復しないとな、、、【ヒール】」

魔法を唱えるとマルシアの身体がみるみると回復していった。

「ありがとう、ルーク、それで封印の魔法は成功したのか?」

「ああ、それなら、、、」

ガサッ、

「よっと、終わったようじゃな」

草むらから出てきたのはシルバだった。

「あっ、シルバ、このおっさんが手伝ってくれたおかげで早く終わったんだ」

「あんたは【白王】シルバ、、」

「おー!ハイゼン久しぶりじゃな、なんだか縛られてるが元気そうじゃな、ワッハハハッ!」

「ふん、これが元気そうに見えるか」

「どうやらこの小僧に負けたようじゃな、老いたの〜お前も」

どうやらハイゼンはシルバと知り合いでマルシアもシルバのことを知っているようだった

「なんだ、このおっさん結構有名なのか?」

「知らないのか、シルバは【白王】と呼ばれ初代剣聖の男だ」

「け、剣聖、、」

俺自身が剣聖になってから他の剣聖の強さが気になっていたんだが、、、確かにこのおっさん只者ではない気がしていたんだよな、、

「よしてくれ、、今は旅をしているだけのただの老いぼれじゃよ、」

ただ全く魔力を感じない、、恐ろしいぐらい静かな魔力だ、、

「まあ、少し用があってこのエルフの国に来たのだが、、、もっと凄いものを見つけることができたようじゃ」

「もっと凄いもの?、、、」

その後、俺たちはエルフの国に招かれた。

エルフの国にある城に連れていかれ中では友好の印と謝罪の意味も込めてパーティーが行われた。

「エルフィア!本当に久しぶり!」

「無事で良かった!」

「みんな!ありがとう!」

エルは久しぶりに故郷に帰ってこれて仲間に会えて嬉しそうだった。

「よかったな、、、」

「ルーク様〜!凄いですよね、あのハイゼン様に勝つなんて〜!」

「ルーク様〜こっちで一緒に飲みましょ〜!」

「うわっ!そんなに引っ張るなって!」

キャー!キャー!

「うー、、ルークったら、、、」

たくさんの女エルフ達に囲まれてるルークを見てエルは頬を膨らませていた。




「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー370376

    全部にルークが後手になって力を発揮するってパターンなら封印する意味感じないっすね

    1
コメントを書く