話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

53話 決着

「とことん邪魔をしてくれるな、小僧、」

「あんたの思い通りにはさせない、」

「冒険者風情が何を生意気な、直ぐ終わらせてやる、」

ハイゼンの右腕は魔法陣で消えていた、

「終わりだ」

キン!

ハイゼンの剣を持った右腕はルークの背後に転移していた。

「ほう、受け止めるのか、」

「まあな、」

「この空間転移魔法のスピードについてこれるかな、」

そういうと、ハイゼンの姿は見えなくなった。

「フフッ、小手調べだ、この攻撃に耐えられるかな、」

「じいさんのくせに早いな、だけど、、、よっ!」

ルークが蹴りを叩き込むとハイゼンは左手で受け止めた、だが、ハイゼンは勢いに負けて吹っ飛んだ。

「がはっ、な、なんだと、」

「俺は只の冒険者じゃないからな」

くっ、なんて力だ、スピードについてきただけじゃなく、パワーまで、これは左手は持っていかれたな、

「面白い、面白いじゃないか、お前スキル持ちか、」

「一応な、」

「上位魔法の空間転移魔法のスピードについてこれる、一体どんなスキルを持っている?」

「竜殺し(ドラゴンスレイヤー)だろうな、」

「マルシア、大丈夫だったのか?」

「ああ、何とかね、驚いただろうハイゼン、」

「ドラゴンスレイヤー、、、だと!?」

「な、なんだよ、なんかすごいものなのか?」

「竜を殺す力、つまりドラゴンと同等の魔力、力、速さ、防御力を備えているということか、」

まあ、ルークは本当にドラゴンだからね、スキルを特定する時に本物のドラゴンじゃなくてドラゴンと同じ力を持つ人間として認識されたんだろう、

「どおりで強いわけだ、この長い人生ドラゴンに会ったことはないがお前を倒すことが出来ればドラゴンにも勝てるということ」

「こいよ、じいさん」

「この一撃で決めてやろう、若造」

「スピード特化」

「ブースト」

「スピード特化に能力倍加のブーストを重ね掛けしたことで誰もわしに追いつけん、この音速を超えた斬撃をお前は止められるか!」

「死ね!」

シュン

メキ!

ルークの右の拳がハイゼンの左頬にめり込んだ。

「残念だけど、まだ俺からしたら遅い方だよ、じいさん、」

「ぐはっ!」

「まあ、有言実行出来たし、これで許してやるよ、じいさん、」








「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く