話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

52話 救出

ポタ、ポタ

「ぐっ、」

「終わりだな、マルシア、」

「ハイゼン、、、」

ハイゼンが剣を抜くとマルシアは膝から崩れ落ちた。

くっ、出血が多い、回復魔法が間に合わない、

「さてと、邪魔者も居なくなったし、そろそろ処刑を始めるか、」

護衛のエルフたちに連れられエルは処刑台に連れて行かれた。処刑台は十字架の形をしていた。

「さあ、エルフィアこの処刑台を背に立て」

「はい、」

「エル!ダメです!」

「エ、エルフィア、従っては、ダ、メ、、だ、、」

「いいんです、マルシアさん、あの時死ぬ筈だった私が自由に旅してこんなに長く生きることが出来たのですからもう思い残すことはないです、」

「よし、さっさと始めろ!」

ハイゼンの合図と同時に処刑台の左右に立つエルフ達が呪文を唱えた。
すると、エルの体は宙に浮き上がった。

ハイゼンがエルの正面に立つとエルに手のひらを向けた。

「言い残すことはあるか?エルフィア、」

「ルークにありがとうって伝えて下さい、後、ネネ、モモ、マルシアさんも私なんかの為にありがとう、」

不思議と涙は出なかった、それだけエルフの国を出てからの生活が充実していたってことなのか、

ハイゼンの手のひらに魔法陣が現れると無数の光の刃がエルの周りを取り囲んだ。

「安心しろ、一瞬で終わる、じゃあな、」

光の刃がエルに向かっていった。

「くっ、、、、、、、、あ、、れ?」

「よっ!」

「ル、ルーク!?」

気がつくとルークに抱えられていた。

「助けに来たぜ!エル!」

「どうして、いくらルークでもハイゼン様には勝てないよ、」

「勝てる勝てないじゃない、助けたいと思ったから助けた、それだけだよ、」

「でも、、、」

「なんだよ?助けられたくなかったのか?まあ、俺はそんなの知らないけどな、」

「うっ、、ぐすん、ありがとう、」

「さっきの小僧か、邪魔しおって、絶対に逃がさんぞ!」

「逃げる?、、、逃げるわけないだろ、こっちはお前に一発ぶち込まないと気が済まないんだよ、、」

「フフッ、いい度胸だ、小僧、」




「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 黒音

    封印する必要ある?

    1
コメントを書く