話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

50話 処刑の阻止

コツコツコツ、

「出ろ!エルフィア!」

「は、、い、」

エルは牢屋から連れ出されると処刑台へと連れてこられた、

あそこで私は今から処刑されるのだろうか、仕方ない、何も出来なかった私は生きていてはいけない存在だったんだ、

「さあ、処刑台へといけ、エルフィア、」

エルが処刑台に向かおうと足を踏み出したその時だった、

「ぐわっ!」

「エル〜!」

「助けに来たのです!」

そういうとネネとモモがエルフ達を素早い動きで倒し、現れた。

「お前らはさっきの獣人、その魔力、何をしたのか知らんがさっきとは違うようだな、」

「覚醒したのです!もうさっきのネネとモモじゃないのです!」

「ん?覚醒だと?面白いことを言うな、」

シュン、

一瞬で移動し、ハイゼンに蹴りを入れようとしたネネの足をハイゼンは片腕で止めた、

「な、覚醒しても効かないのですか、」

「フン!」

「にゃあ!」

ハイゼンのパンチを両腕でガードしたネネは吹き飛ばされた。

「お姉ちゃん!」

「くっ!ここまで力の差があるなんて、悔しいですけど時間稼ぎも出来るかどうか、」

「モモだって!強くなったのです!」

シュン、

「遅い、」

瞬間移動したモモをハイゼンは拳ではたき落とした。

「ぐっ!」

「ネネ!モモ!」

もう、やめて、二人ともあなたたちじゃ勝てない、

「せっかく見逃してやったのにここまでくるとは救いようのない小娘どもが」

「やめて下さい!ハイゼン様、私はどうなっても構いません!だからネネとモモだけは見逃してあげて下さい!」

「くっ!エル、気にしないで下さい!せっかく覚醒までして助けにきたのにこんな簡単に負けたらルーク様に怒られます、」

「さっきからお主ら獣人は何を言っている、覚醒だと?」

「そ、そうです!覚醒したのにこんな簡単に負けなんて、、、」

「笑わせるな、獣人族の覚醒はそんなものじゃない、もしそれが覚醒と言うならば完全な失敗作だな、」

「う、嘘だ!こんなに魔力が上がったのに覚醒出来てないなんて、」

「まあ、良い、どちらにしてもお前らはここまでだ、」

ハイゼンは片手をネネとモモに向けると掌からから魔法陣が現れた。

「ライトニング、」

そう唱えると雷の刃が二人に飛んでいった。

「やめて!ハイゼン様ー!」

ドシュ!

ポタポタ

「マルシア、」

「もうやめなよ、ハイゼン、」

マルシアが二人の盾となり雷の刃を体で受け止めた。雷の刃はマルシアの左肩と右足に突き刺さっていた。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く