話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

47話 覚醒

「獣人族の覚醒?」

「そうだ、獣人族には覚醒という能力がある、それを私なら一時的に引き出せる、」

「どうやって?」

「リミットブレイクという魔法がある、この魔法はその者の限界を一時的に打ち破るという魔法、獣人族に試したことはないが限界を打ち破るという行為が覚醒という形になるのかは分からない、だが、試してみる価値はある。」

「私はやってみるです!」

「私も!」

俺とマルシアの話しを聞いていたのかネネとモモが家から出てきた。

「エルを助けに行けるのならなんだってします!」

「そうか、早速始めよう、時間がない、」

「ネネ、モモ!」

ネネとモモはこちらを向くとにっこりと笑った。

今の俺には何もできない、ここは二人に任せるしか、、

「エルを頼む、、」

「はいです!」

「任せて下さい!」

マルシアはネネとモモの胸に手を当てると魔力を込めた。

「リミットブレイク!」

二人の体が光り魔力増加が完了したみたいだった。二人の魔力が大幅に上昇したみたいだった。

「これが覚醒ですか?」

「私も実際に覚醒を見たことがない、しかし、この魔力の増加は成功したと見ていいだろう、」

「では、行ってくるです!」

「ブースト!」

ネネとモモは身体強化魔法で強化すると目には見えないスピードで中央の街に向かった。正直言って覚醒したネネとモモがエルフ達に勝てるとは思えない、頼む、俺が行くまで耐えてくれ、

「私も少なからず二人の援護をするつもりだ、ハイゼンに敵対行為とバレなければ呪いは発動しない、それならいくつかやりようもある。」

「そうか、エルだけじゃなく二人も大切な仲間なんだ、二人を援護してあげてくれ、」

「ああ、任せておけ、」

そういうとマルシアは魔法を唱え空を飛び二人を追いかけていった。

まだ半日近くある、これほど時間が長く感じたことないな、何も出来ない、ただ待っているだけなんて、これほど自分が無力と感じたことはない、待ってろよ、絶対に俺が助けてやるからな、


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く