話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

44話 封印の魔法

「ま、まあ、それはともかく、トランスフォームの使い方は何となく分かった、もう一つの封印の魔法について教えてくれ」

「この封印の魔法については教えてもあなたには使えないわ、」

「えっ?なんで?俺はドラゴンだからどの魔法も使えるって聞いたんだけど、」

「確かにドラゴンはどんな魔法も使えるわよ、けどこれは種族特有魔法でエルフにしか使えないものなの、」

「この魔法はあなたには使えないけど私があなたにかけてあげることならできるわよ、」

「今かけてある封印の魔法はエルフィアが無理やりかけたものだから安定してないのよ、結構大掛かりなものだからそんな簡単にできるものではないのよ、」

「えっ?でもエルは簡単な感じでかけてくれたけど、」

「それはあの子の莫大な魔力と才能があったからでしょうね、一人でこの魔法をかけれるエルフなんてあの子ともう一人しかいないわよ、」

「もう一人?」

「そう、そのもう一人は私だどね、」

そういうとマルシアはお茶目に笑って見せた。

「今からかけてあげるわ、準備するから少し待ってなさい、」

そうしてマルシアは地面に魔法陣を書き始めた。

「少し時間かかるから少し待っててね、」

ということで俺は一度マルシアの家の中に戻った。部屋の中ではエルとネネ、モモの三人がベットで寝ていた。疲れてたんだろう、ぐっすり眠っていた。

俺はベットに座りエルの顔をぼんやりと見ていた。こいつはこんな辛い過去をこの国で経験しておきながら俺の為に、、もしかしたら身の危険があるかもしれないのに、

「お父さん、お母さん、みんな、何も出来なくてごめん、、なさい、」

エルは寝返りを打って寝言を口にした。エルの目からは一筋だけ涙が流れた。


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く