話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

43話 変幻の魔法

エルフの国の西側、ルーク達の来た方向とは反対側から一人の男が扉を開きやってきた。

「久しいのう、エルフの国に来たのは何年ぶりかな、」

その男は白髪で長髪、眼鏡をかけた老人だった。

「旅の途中で大樹の森を通ったからついでにと思って寄ってみたんじゃが、面白い奴がおるな、」

「ハイゼンのやつも元気にしとるかな、会ってみるかの〜」

その男はそう言って中央の方へ向かっていった。

その頃、城では、、、

「ハイゼン様侵入者の件、どうされますか?」

ハイゼンと言われたその男はコーヒーを飲みながら雑務を行なっていた。

「その件か、まあ、まだ何もしなくていいだろう、そのまま泳がせておけ、監視は忘れるなよ、」

「はっ!了解致しました!」

「後、ベルの奴にワシの所に来るように言っておけ、」

「はっ!」

その頃ルーク達は、、、

「さて、それでは魔法を教えてあげよう」

「よろしくお願いします、」

「あなたが知りたいのは人型になる魔法と魔力封印の魔法だったわね、」

「そうだと思う、、」

「まず、人型になる魔法ね、この魔法は変幻の類のものね、亜人が人型として周りに溶け込む為に使ったり、人間が他の物に変わって相手を騙したりする為に使う魔法ね、」

「トランスフォームって魔法だからどういう魔法かどうか理解してれば魔法名を唱えればすぐ使える魔法よ、やってみて、」

「分かった、やってみるよ、」

「トランス、、フォーム!」

そう唱えると足元に魔法陣が現れた。魔法陣が少しずつ上に上がってくると魔法陣を通り抜けた所から体が変化していった。

「あれ?服が変わっただけだけど、」

「多分、魔法を唱える時に変化した時の姿を正確にイメージしてなかったからかしら」

「なるほど、、ん?、よく見たらマルシアさんの服に凄く似てる気が、、」

「だって、それ私と同じ服ですもの、、、」

「だ、だよな!少しフリフリしてるし、な、なんで?」

「多分、何も考えてない状態で魔法を唱えたから目に入った私の服にだけ変化したのだと思うわ、」

「な、なるほど!」

「そういえばあなたドラゴンなのよね?今のその姿はどういうイメージで構成しているのかしら?」

「ああ、この姿はドラゴンになるま、、、、じゃなくてこんな感じの人間になりたいな〜って想像してみた姿だよ、」

「ふ〜ん、結構イケメンに仕上げたのね、」

「えっ?うそ!俺ってイケメン?」

「何言ってるのよ、そう思ってその姿にしたんでしょ?自由に変幻できるのにわざわざ自分の嫌な姿にする人なんていないわよ、」

「た、たしかに、、」

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く