話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

40話 エルフィアの過去Ⅰ

「条件?」

「そう、条件よ、」

そう言いながらマルシアはエルの方を見た。

「エルフィア、あなたは自分の過去をルーク達に話したの?」

「詳しくは、、話してません、」

そう言ってエルは俯いた。

「この機会に話したらどう?」

エルは重い口を開いた。

「私はこのエルフの国から追放された異端の存在なんです。」

10年前、、、

「お父さん!お母さん!早く早く〜!」

「エル!そんなに走ったら危ないぞ〜!」

「本当にエルは元気ね!」

私はエルフの母と人間の父の間に生まれたハーフエルフ、ハーフエルフは普通のエルフよりも強い魔力を持つことで大変珍しく大切にされていたの。でも、それは、、、

「エルフィアはいずれエルフの国の大きな戦力になる、今のうちに魔法をしっかり覚えさせて兵器として育てあげるのだ、」

「せっかく生まれたハーフエルフなのだからな、戦力として使わなければ勿体ない」

エルフの国の偉いエルフ達が私を大切にしていたのは私をエルフとしてではなく兵器として育てるためだったの、私はそのことを知らずに育ってきた。

「エルフィア!そんなんじゃいつまで経っても一人前にはなれんぞ!」

「ごめんなさい、ハイゼン様、でもまだよく分からなくて、、」

「この私が教えているのにこれだ、本当にハーフエルフなのか?」

「ご、ごめんなさい、、、」

毎日一人前になる為だと厳しい修行を行い、なんで私には才能がないのだろうといつも自分の力の無さを恨んでいたわ、

「うっ、、ぐすん、お母さん、お父さん、もう修行なんて嫌だよ〜、」

「ごめんな、エル、でも父さん達にはどうすることもできないんだ、、、本当にごめんな、、」

そんな生活が続いて9年の時が過ぎたある日だった、

「た、大変だ〜!ま、魔族が、魔族が侵略して、ぐはっ!」

「きゃ〜!」

「急いで戦闘の得意なエルフとエルフィアを呼べ!」

エルフの国は魔族に襲われたの、

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く