話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

39話 女性のエルフ

「おや、お客さんかな、」

そう言って話していた俺たちの後ろから現れたのは一人の女性のエルフだった。

「え、エルフか!?」

「あ、あなたは、、」

「ん?君はエルフィアか、」

現れたエルフはエルのことに気づいて話しかけてきた。

途端にエルはひざまずき、姿勢を低くした、

「お久しぶりです、マルシア様、今日エルフの国に帰ってきたのはあなたに用があってのことです。」

「私に用があってか、君が帰って来るってことは余程の用なのかな?」

「そうですね、、あなたにしか頼めないことなので、」

マルシアはため息をつくと理解したようだった。

「まあ、こんなとこでもなんだろう、私の家に来ないか?」

そう言ってマルシアは森の奥へ案内してくれた。

マルシアの家は森の中にポツンと一家だけあり、とても小さな家だった。家に入るとマルシアは紅茶を入れてくれた。少しの間紅茶を飲み沈黙が続いた後、マルシアは口を開いた。

「さて、本題を聞こうかな、」

そう言われてエルと俺は事の事情を話した。

「なるほどね、そこにいるルークとやらがドラゴンでしかも魔法の使い方をあまり知らないと、」

「あ、あまり驚かないのか?俺がドラゴンと聞いて、」

「驚いたさ、ドラゴンなんて一生で会えるかどうか、しかし、私は二度目だからね、驚きはそれほどないけどね、」

「過去にドラゴンに会ったことがあるの?」

「ああ、過去にな、そのドラゴンもいいやつでな、ドラゴンにもいいやつがいるって分かっているからな、」

俺の他にもドラゴンがいたんだ、まあ、いるのは分かっていたんだが、実際に聞くと、、いや、そのことは今はいいか、

「それで俺に魔法を教えてくれるのか?」

「そうね、それには条件があるわ、」

そう言ってマルシアは紅茶を口にした。


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く