話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

38話 エルフの国

エルフの国の入り口を探すために俺たち四人は大樹の森を彷徨っていた。エルフに見つからないように周りに警戒していた。その間エルは俯き後ろからついてくるだけだった。

「ルーク様、エルはどーしたのですか?」

「何かあるんだろ、今はそっとしておいてあげよう、」

「エル、大丈夫かな、」

ネネとモモも心配しているようで後ろを気にしていた。暗い雰囲気の中歩き続けていると俯いていたエルが突然「あっ、」と声を上げた。

「どーした?エル、」

「入り口、、、」

そう言いながらエルが指差す方向には何もなかった。しかし、エルに指さされた方向を見てみると何かを感じた。ただ、何なのかは俺には分からなかった。

「何か、、、、」

エルは指差した方へ手のひらを向けて何かの呪文を唱えた。すると、空間が歪み何も無いところに入り口ができた。今俺たちのいる大樹の森とは違う感じの森が広がっていた。

「ここがエルフの国なのか?」

「そう、ここよ、」

「結界で守られてるんですね〜、」

「入って、あまり門を開けてられないから」

「お、おう、」

そう言われて入ってみると薄暗い大樹の森とは違い自然豊かな太陽の光が差し込める綺麗な森が広がっていた。

「綺麗だな、」

「このエルフの森はね私たちのいた空間とは違う空間にあるの、私たちのいた空間では大樹の森だけどこっちの空間では大樹の森の位置にエルフの国があるのよ、」

「空間って?」

「分かりやすく言うと、全く同じ机があったとして、片方の机には果物が乗っている、もう片方には野菜が乗ってると仮定するの、その机は同じもので上に乗っているものだけが違う、果物が大樹の森、野菜がエルフの国だとしたら?」

「果物と野菜が同じ場所にあることになる、、」

「そう、でもそれは物理的に不可能、同じ場所にあるのならどちらかを上に乗せるか隣どおしに置かなければならない、だから空間として二つの机に分けたの、」

「ということはここは別空間の大樹の森ということか、じゃあ、このエルフの森で大樹の森に来た通りに帰って空間を戻れば、、、」

「ベルスフィアに出てくるってことになる、でも、それは不可能、エルフの国から出るのは大樹の森でなければダメだから、、」

結構複雑だが、何となく意味はわかる、これがエルフの力ってやつなのか、

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く