話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

37話 大樹の森

「ここが大樹の森か、でかいな〜、」

「この大樹の森は一番といっていいほど大きい森なの、この森には沢山の種族がいるけどエルフによって統制されているのよ」

「大きいです〜!」

「ですです〜!」

俺たちは一日ほどかけて大樹の森へと到着した。

「これからは入り口を探さないといけない多分一日くらいかかるかも」

「エルフでもそんなに見つけるのに時間がかかるものなのか?」

「、、、エルフだとすぐ見つけられるんだけどね、、、私は訳あって国から追放された身なの、」

「追放、、、どーしてなのか聞いてもいいか?」

エルは俯きながらもその重い口を開いた。

「そーだよね、、ルーク達にいつまでも隠しててもしょうがないよね、」

その時だった、近くの木の上から視線を感じた。その方向を見るとエルフが二人こちらを見ていた。

「エルフ、二人いるな、」

エルはその姿を見つけると少し怯えているようだった、

「貴様ら何者だ?この森にはエルフに許可を取らなければ勝ってに入ってきてはいけない決まりだ、それを知ってのことか?」

そう言いながら二人のエルフは木から飛び降りこちらに近づいてきた。

「どーするエル?逃げるか?」

「うん、その方がいいかも、」

「分かった!ネネ、モモ!俺に掴まれ!」

「りょーかいです!」

ネネとモモが両足に掴まると俺はエルを抱きかかえた。

「ブースト!」

俺はブーストで強化してその場から瞬間移動した。ただでさえスピードには自信があるがあえてブーストで強化したのは強い魔力を感じたからだった。エルフってのはあんなに魔力が強いものなのか、、

かなり遠くまで飛んできた、

「ネネもモモも良く掴まってたな大丈夫か?」

「だ、大丈夫です〜」

「ちょっと落ちそうだったです〜」

エルは俯いている。

「エル、大丈夫か?」

エルは何も答えなかった。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く