話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

33話 戦いの終わり

ルーク、大丈夫かな、

「いたた、これは街が、、」

「レオナルド様、大丈夫ですか?ごめんなさい、街や、住人の人達が、、、」

「大丈夫ですよ、住人は避難させていたので少なくとも兵士達以外の人達は被害は受けていないと思います、それに街も魔法で何とかなりますよ、、」

「そうなんですか、、、良かった、」

「サーゼクスはどこに?、、、ルークやトール達は大丈夫でしょうか?」

「トール達は分かりませんが、ルークはサーゼクスと戦闘を、、、今はここにはいません、」

辺りを見回すと王国騎士団達が目を覚まして倒れた兵士達を介抱していた。

その時、ものすごい魔力を感じた。

「こ、これはルークの魔力、、、元の姿に、」

「この魔力は一体、、、」

「大丈夫ですよ、、心配しないでください、」

「エル?、、、」

「それより今無事な兵士たちにテレパシーで状況報告しなければ」

そういうとレオナルドは魔法を使い全体にテレパシーを送った。

「皆、聞こえるか?国王のレオナルドだ、現在危機は去った。首謀者のサーゼクスはルークと戦闘中であり、このベルスフィアにはいない、動けるものは怪我人の介抱を、魔力の残っているものは城へ、復元の魔法を行う、人手が足りないため直ぐに集まるように、」

それをいうとレオナルドは倒れてしまった。咄嗟に魔法で周辺を守ったためテレパシーを使ったことで魔力切れになったらしい。

「だ、大丈夫ですか?」

「あ、ああ、だが、すまない、少し休ませてもらうよ」

そういうとレオナルドは気を失った。




「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く