話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

28話 帝国戦争編Ⅲ

巨人を二体倒した俺が辺りを見渡すと怪我をした兵士達を介抱する人達がこちらに注目しているのに気づいた。

「やべっ!やり過ぎたかな、」

「お前さん強いな、巨人を素手で倒すなんて、、」

あ、そうか、魔法を使ってればよかったかな、

そう考えながらも感謝されればどうでもいいかなと思えてきた。

「そういえばトールは?」

「あちらの方で回復魔法による治療を受けてます、」

俺はトールの元へ向かった。今は落ち着いているようだ。

「かなり重症だったんですけど何とか二人がかりで回復魔法をかけていたため命に別状はありません。」

そう言ってトールに回復魔法をかけていた魔導師は汗を拭った。

「そうか、、よかった、」

被害はここだけなのか?そう思った途端に頭の中に声が聞こえてきた。

「ルーク、ルーク聞こえる?」

どうやらエルの声のようだ、かなり焦っている。

「エルか?どーした?」

「城の反対側からも魔獣が多数襲ってきていて今大変なの!」

「まじかよ、、、」

やはり俺の予想は的中したらしい、相手は城の一番遠いところを襲うことで戦力を分断させるつもりだったんだろうが多分レオナルドもこのことをよんでいたんだろう、
王国騎士団の主力が残っているから大丈夫だと思うが、、、

「王国騎士団はどうしてるんだ?」

「それが、、始めは優勢だったんだけど竜人族が現れてからこっちは手も足も出ないの、、、どーしよう?」

竜人族、、、やっぱり来たのか、

「分かった!俺をそちらに送ってくれ!」

「、、、それが、転送魔法を使える魔導師が一番に狙われて転送魔法が使えないの、」

くそっ!そうきたか、、

「分かった!急いでそちらに向かう!それまで持ってくれ!」

「分かったわ!出来るだけ急い、、、きゃっ!、、、、」

「おい!エル!、、、くそっ!急がねーと!」

「俺は今から城に向かう、後は頼んだぞ!」

近くにいた兵士にそういうと俺は急いで城に向かった。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く