話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

27話 帝国戦争編Ⅱ

「トール!」

トールの元へ駆け寄るとかなり重症のようだ、意識を保つことで精一杯だった。

「おい、トール!大丈夫か?」

「すみません、ルーク君、足手まといになってしまったようです、私のことは気にしないで撤退を、、、ぐはっ!」

「馬鹿なこと言うんじゃない、お前も逃げるぞ!」

「助けて〜!」

声の方を見ると巨人の一人手には女の子が捕まっていた。

「くそ!あのやろう!おい!そこの兵士!トールをたのむ!」

「あっ、はい!」

トールを兵士に受け渡すと俺は巨人を睨みつけた。

「ルーク君、一人では無理だ!人間では巨人族には勝てない!」

「うるせぇ!怪我人は自分の心配をしていろ!」

まず、あの子を助けねーと、

「人ってのは脆いものだな、なあ兄貴、こんな簡単に握り潰せるのだからな」

「間違って握り潰すなよ〜」

「痛い、痛いよ!助けて、お母さん!」

シュン、スパーン、

「あれっ?おいら手がな、、い?」

「わりぃわりぃ、俺は昔から手癖が悪くてな、ちょっとお前の左手頂いたわ、」

巨人の左手から少女を助け出しその左手を巨人に投げつけた、

「ぐわぁ〜〜〜手が、手が〜〜〜!」

「くっ!貴様〜!殺してやる!」

「もう大丈夫だ!もう泣くな、お兄ちゃんに任せてお母さんの元に戻りな、」

「ヒック、ぐすん、ありがとう、お兄ちゃん」

俺は気づいた、巨人でも俺には力及ばないということを、、、

「悪いけどお前らに殺される訳にはいかない、代わりといってはなんだけど俺がお前らをぶっ倒してやる!」

「人間風情が調子に乗るんじゃね〜よ!おらっ!」

そういうと巨人は二人がかりで殴りかかってきた。

「力はあっても遅いな、、」

瞬時に巨人の顔の前に飛び顎に拳を思い切り叩き込んだ。巨人の体は空中に浮かび上がり地響きとともに地面に倒れこんだ。それと同時にもう一人の巨人の左頬に後ろ回し蹴りを叩き込むと重なるように巨人は横たわって動かなくなった。

「お前らは一つ勘違いしてるな、俺は人じゃない、ドラゴンだ、それがお前らの敗因だ、」

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く