話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

20話 二人の獣人

「おら、トロトロ歩くんじゃねーぞ奴隷のくせに!」

「すみません、すみません、」

「たくっ、幼女の奴隷なんて荷物になるから早めに金に換えておきたかったんだが、こんな小さい町だと無理があるな、まあ、変な野郎に笑わせてもらったがな、」

「あの〜すみません、」

「ん?なんだ?何かと思えばさっきのガキじゃね〜か、金がないんならとっとどこへでも行きやがれ!」

「は、はあ〜、やっぱめんどくせ〜や」

シュン、ドスッ、

「ぐっ、ガハッ、、、」

ドサッ

俺は瞬時に奴隷商人のみぞおちに拳をめり込ませた。奴隷の女の子は耳をぴくぴくさせながらこちらをポカーンと見つめていた。

「ふ〜!もう大丈夫だぞ!」

そう言いながら俺は獣人の双子の首輪を取ってあげた。

「あ、あのありがとうございます、私は猫の獣人のネネ、この子は私の妹で犬の獣人のモモって言います、」

「あ〜、お礼はいいぞ!どこか好きなところにでも逃げればいいさ、じゃあな!」

「えっ?私たちを奴隷として欲しいから助けたのではないのですか?」

「は?何を言ってんだよ!そもそもお前たちが俺の頭の中に助けを求めてきたんだろ?」

「えっ!じゃあ!本当に私たちを助けてくれたのですか?」

「あ〜そうだよ、」

するとネネは泣き出してしまった。

「うわぁ〜〜ん!ありがとうございます、ありがとうございます、」

「お、おい、」

それにつられたのかモモもグスングスンと泣き出した。

俺はどうすればいいのか分からずとりあえず二人が泣き止むのを待った。

10分ぐらいすると泣き疲れたのか泣きやんだ。

「私たちはもともとは獣人の国で暮らしていたんです、私たち獣人はその運動能力の高さから運び屋だったり、アサシンとして生計を立てている種族なんです、私たちの両親は優秀なアサシンだったのですがある事件で事故に遭い死んでしまいました。それが原因で私たちは住む場所を失い国を出たのですが奴隷商人に捕まりこのようなことになってしまいました。」

「高い運動能力があるなら逃げようと思えば逃げれたんじゃないのか?」

「そ、それが私たちあまり食事を与えられてなくて歩くのもやっとな状態なのです、」

そう言いながら二人はお腹を鳴らしていた。

「飯でも食うか?後服もどうにかしないと奴隷ってばれそうだな、」

「本当ですか?ありがとうございます!ほらっ!モモもお礼言って!」

ずっとネネの後ろに隠れたモモが初めて口を開いた。

「あ、ありがとう、お兄ちゃん、」

「お、おう、改めて言われるとやっぱ照れるな、ん?そういえば今何時だ?」

「12時過ぎぐらいじゃないですかね、」

「やっば!集合時間過ぎちゃってるぞ、いそぐぞ!」

「はい!」


「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • イズミ   泉   ミ  ズイ

    えー、
    買い取るならまだしも、
    商人も商売なのになぁ、

    1
コメントを書く