黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

TKK

19話 奴隷

「さて、準備も整ったところで早速向かうとしよう!」

こうして、馬車に乗り王国に向けて出発した。

1、2時間ほど馬車で進んだだろうか、周りには草原が広がり穏やかな時間が過ぎていった。エルはずっと本を読んでいた為俺は何もすることがなくぼんやりと景色を見ていた。

「もうすぐ町に着く、そこで一旦休憩しよう。」

馬車を運転するトールがそう言い、馬車の向かう先に目をやると町の外壁のようなものが見えてきていた。

「あの町はガレアと言って宿や食事処が多く旅人の休憩の町として有名なんだ、」

「へ〜、小さい町だね、馬車に座りっぱなしも疲れたし丁度いいかもね!」

本を読んでいたエルもいつのまにか窓から身を乗り出し町の様子を見ていた。

町に着くと宿のような建物に囲まれた広場のようなところに着いた。真ん中には噴水がありとても穏やかな感じではあった。

「よし、1時間後にここにまた集合しよう」

そういうとトールはどこかへ向かっていった。エルは「町を散策してくる!」と言って早々にどこかへ行ってしまった。

「俺は何をしよーかな、」

何もすることがないのでとりあえず町を歩き回ることにした。すると、人だかりがあるのを見つけふらっとそこへ向かっていった。

「いらっしゃい、いらっしゃい、今日は結構生きのいいのがいるよ〜」

太った男が大声で客引きをしている横に首を鎖で繋がれた二人の女の子がいた。少し怯えているようだ。

「この奴隷は獣人族の双子なのです!しかも犬と猫の獣人の間に生まれたので双子なのに犬と猫の獣人という珍しいタイプです!容姿もかなり上物!ぜひぜひ買っていって下さいな〜」

奴隷か、この世界にもやっぱり奴隷っているんだな、あまり見てていいもんじゃないな、そう思いその場を離れようとしたその時だった。

助けて下さい、、、、

ん?今頭の中に直接声が聞こえたような、

「な、なんだ今の?」

助けて下さい、、、誰か、、

やっぱり聞こえる、どこから声が聞こえるのだろう、

辺りを見渡してもどこから声が聞こえているのか分からない。辺りをキョロキョロしていると声は続けてきた。

今、私は頭の中に話しかけています。テレパシーというやつです。私は奴隷として今売られている身、この声は心の優しい人に聴こえるようにしています。もし聴こえているなら助けて下さい。

この声はあの奴隷の女の子が出しているのか、ふと、女の子の方を見ると涙を浮かべながら祈っていた。

「助けるか、、、」

「おい、その子を買いたい、いくらだ?」

「おお、一人100万ゼニーでございます!」

たっか〜!そんな金ね〜よ!どうする?

「少し負けてもらえたりしないのか?」

「いかほどでしょうかお客様?見た感じあまりお金を持って無いようにみえますが?」

俺の手持ちは全部出しても60万ぐらいしかないな、

「一人30万じゃ駄目か?」

俺がそういうと奴隷商人の男は大声で笑いだした。

「はっはっはっ!君は何を言っている?奴隷なんて君みたいな金のないものが待つものじゃないんだよ、金がねーなら出しゃばるんじゃない、去れ!」

はっはっはー!そうだー去れ!去れ!

周りの民衆も笑いながら俺に向かってものを投げてきた。

くっ、どうしようもね〜な、こうなったら、、、

「さあ、茶番はここまでしてここじゃ買い取れる方はいないようですね、他の町にでも向かいますわ!ほらこい!ガキども!」

「きゃっ!」

そう言って商人は鎖を引いてその場を去っていった。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    買えるのかな〜助けたいね

    0
コメントを書く