話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

17話 王国の依頼

「ここにルークというものはいるか?」

そう言って入ってきたのは王国騎士団の使いだという男だった。

「私は王国騎士団の一人トールというものだ。この度はルークという男に伝言があって参った。もしここにいれば会わせて頂きたい。」

「ルークは俺のことだが、」

「君がルークか、改めて私の名前はトール、王国騎士団の一人であり、使いとしてきた。君に王国から依頼したいことがあるのだが聞いてもらえるか?」

「分かった、聞こう!」

「では早速だが本題に入らせてもらう。今王国は隣の国と戦争をしている。そのために戦力が必要なんだ、君に王国の為に力を貸して欲しいと思ったのだが頼めるか?」

こ、こいつ、色々とはしょり過ぎだろ、

「あ、あのもう少し詳しく話してもらえませんかね?」

「私にはこれ以上のことは言えない、詳しくは王国に来てもらわねばならない」

「まじっすか、」

「で、でもルーク、これって王国直々の依頼ってことは達成すれば一気にランク上がるんじゃない?」

「そーだね、王国の依頼だとポイントも高いと思うよ!」

「そ、そーなのか?」

多分王国騎士団のガルムってやつが何か国王に言ったんだろうな、俺たちも早くランク上げたいし、王国に行くだけ行ってみるのも悪くないんじゃないか、

「分かった!とりあえず王国に行ってみることにするよ、エルもそれでいい?」

「うん!私はルークについていくよ!」

「決まりだな、今からすぐに行くのか?」

「いや、明日の朝にでよう、君たちも見た感じクエスト終わりだろうし、今日は疲れをとってくれ、また明日このギルドの広場で会おう、」

「分かった!」

こうして俺たちは王国に行くことになった。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • イズミ   泉   ミ  ズイ

    王国?
    主人公がいるのって王国じゃないの?

    1
  • くあ

    なんか頼み事引き受ける返事早い気がするw

    1
コメントを書く