話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

15話 二つのスキル

「さて、次はそこの君の番だよ!」

「あ、はい、ここに手を当てて魔力を注げばいいんすよね?」

「そーだよ!ほら早く!」

俺は魔道具に手を当てると体の中の力を注ぐイメージで力を入れた。

「あれ?全然反応しないね、魔力注いでる?」

「やり方が違うのかな?」

すると、魔道具は反応していないが文字が写し出された。

「能力が写し出されたわ!え〜と、魔力がF!!うそっ!初めてみたこんなに魔力が低いのは、いやそれだけじゃないわ、力と速さがSSっていうのもビックリだわ!」

オリビアが大声で話したため周りの冒険者たちが騒いでいた。

もしかして、エルの魔法で魔力消してるからなのか?でもこういうのはバレるものなのかと思ったけどそういうわけではないようだな、

「しかも君もスキル持ちじゃない、『黒炎』、、、それともう一つ!?『竜殺し(ドラゴンスレイヤー)』っていうスキルがあるわ、君は一体、」

オリビアはとても驚いていたようだがスキルは小声で教えてくれた。周りに聞かれるとまずいとでも思ったのだろう。

「す、凄いね、ルーク、私のスキルの凄さが霞んじゃうじゃない、」

「ちょっと二人ともこっち来て!」

そういうとオリビアは奥にあるテーブルに案内してくれた。

「スキル持ちっていうのは何百人に一人って割合でとても珍しいの、それでもスキル持ちは何人か私でも目にしたことあるわ!でも二つもスキルを持っている冒険者はこの世界にも10といないのよ、それだけすごいんだから、理解した?」

とても興奮しているのか食い気味に話してくるオリビアを見るだけでどれだけ凄いことなのか分かった。

「り、理解しました、」

あまりこのことは言わない方がいいみたいだな、

「まあ、とにかく!ようこそ私たちのギルドへ!じゃんじゃん稼いでうちのギルドにお金を落としてね!」

「は、はあ〜、」

こうして俺とエルはギルドに入り冒険者になることが出来た。

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く