話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜

GAN

14話 精霊の加護

「は〜食った、食った!」

「満腹〜!」

エルと俺は料理を食べ終わり、今後について話すことにした。

「まずはギルドにいこーか!」

「そーだな、そこからクエストを受けて金を貯めよう!」

「そうと決まれば今からいこー!」

そうして俺たちはルナにご飯のお礼を言って宿を後にした。

宿を出ると左の道をまっすぐ行ったところにギルドらしきものがあった。

「もしかしてあれがギルド?」

「そーだよ!あれがこのアストの町のギルドだよ!」

ギルドの周辺は宿の辺りよりも賑わっていた。ギルドの中に入ると鎧をきた兵士や、ローブのようなものをきた冒険者達が多くいた。

「ようこそ!初めてみる顔だね、冒険者志望かな?それとも依頼の方かな?」

そう言って話しかけてきたのは眼鏡をかけたショートヘアの女性だった。

「私たち冒険者登録したくて来ました!」

「冒険者志望の方か!私はギルドの受付をやってるオリビアよ!よろしくね!」

「よろしくお願いしま〜す!」

エルとオリビアが話しをどんどん進めていくから俺は要らないみたいだな、

「じゃあ、まずこの魔道具で魔力を測らせてもらいますね!この魔道具で大体のどのくらいのクエストを受けることが出来るのかを見定めるの!」

そう言ってオリビアは水晶のような形の魔道具を出してきた。

「なるほど〜!じゃあ、私がまず測りたい!お先にいい?」

「ああ、いいよ!」

「よ〜し!いっくぞ〜!」

エルが魔道具に手を当てて魔力を注ぐと魔道具が光出した。それと同時に周りの冒険者がこちらに注目してきた。

「おお〜凄い!これはレベルが高い!」

水晶が光終わると水晶から文字のようなものが写し出された!オリビアはそれを見ると文字を読み始めた。

「え〜と、あなたの力は魔力がA、力と速さがD、スキルは『精霊の加護』かな!魔力がAなんて珍しい!凄いね!あなた精霊とは契約してるの?」

「してないです、自分にこのようなスキルがあるのも知らなかったし、」

「え〜もったいない!スキル持ちなんて滅多にいないのに、スキルを使ってないなんて!」

スキル?特殊能力のようなものなのか?エルってそんなに凄かったのか?

「それでこの『精霊の加護』っていうスキルは一体どんな能力なんですか?」

「ん〜とね、私も詳しくは知らないのよね、スキルっていうのは未知のものが多いからね、昔から引き継がれるようなものだったり全く新しいものが多いのよ、」

「そっか〜、使ってみるしかないな〜」

スキルの内容はここでは分からないのか、まだまだ知らないことが多いな、

「黒竜転生〜ドラゴンに転生した男の物語〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く